雑感

 

21世紀に入ったあたりからの5年…ライブドアショック(2006年)までの間、 僕には新しい世の中を創っていく端くれの気概と自負があった。

 

毎年120%以上成長していた広告会社を営んでいた。

来る日も来る日も、売上・社員数・目標(KPI)・利益・理想の実現を追っていた。

野望のようなものに駆られていた。

そのための組織… カンパニーを積み上げていくことを我が事として、心底楽しんでいた。

あの頃の記憶と記録を辿ると、それがありありと思い返される。

己の声がこだまする。

 

 

そのリセッションを契機に、それらはガラガラと次第に、やがて全てがひっくり返った。

 

気を取り直して、2008年にまたひとりからやり直して…もう11年が経ったわけだけど、辿ってみれば、あの心持ちは過去に置いてきたことに気づかされる。

 

今はまた目の前のことに日々懸命に取り組んでいる。

関わる多くのことで、さまざまな目標を、成長を追ってきた。

 

でも、あのNIKKOの頃に追っていた心持ちとは… 大きな差異がある。

 

どちらが正しいとか、尊いとか、はない。

 

ただそれが分岐に価値観、時間の過ごし方から、風貌までも多くのことが変わったことは違いない、と感じた。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

なぜ絶頂期を過ぎた人がその道に在るのか。

 

 

一瞬の煌めき。

多くが認める絶頂期があったことは凄いことだ。

 

ほぼ全てのヒトにそれは顕在しないからだ。

アスリートやコンビ漫才に限らない。

 

そう!ボールの縫い目がはっきり視え、それを真芯に当てたら、面白いように場外に飛ぶ時期がある。

 

アーティストも経営者もそういうものだ、と感じた。

 

 

ギャグ漫画家もポップスターも時の人も、商業的には一発屋だったりする。


一瞬の煌めきを高く大きく放ったのち…永く同じ道に携わることを、過去の栄光にすがってどうのと揶揄する人がいる。

 

違う。

 

その高みを体感した人からこそ、後進が育てられるわけだ。

 

その景色を、その意味を、伝えることができるのだ。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2019年11月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner