アルビレックス新潟取締役就任、アルビレックス新潟シンガポールとのパートナー契約締結のご報告

 

あけましておめでとうございます。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、年末の10大トピでも報告させていただいたように、

年の瀬の12月20日の定時株主総会にて、株式会社アルビレックス新潟の取締役を拝命しました。 がんばります!

 

*********

2009年9月に友人を通じて紹介された是永大輔さんと出会ったことがきっかけで、以来10年余、僕はアルビレックス新潟シンガポールにてExecutive Partnerの任務を戴いております。

 

その間の、僕自身のクラブに対する貢献はまったく大したものではなかったものの、

2004年の創業以来・・・是永さんが社長に就く2007年まで、ずっと赤字&成績は常に下位だったクラブは、その後の10年で大きく変貌し、事業規模は日本円で40億円、とルーツである日本のアルビレックス新潟を遥かに凌ぐサイズまで大きく拡大&黒字となり、成績も2016-2018年は3年連続でシンガポールプレミアリーグ(旧:Sリーグ)の全タイトルを制覇するほどに生まれ変わりました。

一方で日本のアルビは2017年、16年ぶりにトップリーグからJ2への降格となりました。

J1昇格をかけた2018年シーズンは蓋を開けたらまさかの大乱調… 連敗が続いた8月末には下位を低迷し、下手するとJ3降格が迫る状況まで追い込まれていました。

 

この状況をうけ、昨年9月初旬、2016年から日本法人の取締役も務めていた是永さんが、前社長の年内いっぱいでの退任決定に伴い、2019年シーズンからシンガポール法人との兼務にて、同社の社長を務めることになりました。

 

不肖加藤は、是永さんから合わせての取締役就任を要請され、謹んでお引き受けすることを決めた次第です。

プレスリリース: 役員人事に関するお知らせ http://www.albirex.co.jp/news/club/56865

 

また折角の機会なので、取締役になった自分の節目に とアルビレックス新潟シンガポールの2019年ユニフォームパートナーをLENSMODEにてお引き受けしました

プレスリリース:LENS MODE PTE, LTD.様とユニフォームパートナー契約締結のお知らせ http://www.albirex.com.sg/ja/archives/33203/

 

12月28日の夕刻にリバーストンの運営する東京PRESS ROOMにて開催したパートナー契約締結の記者会見には、2018年に続き選手契約を結ぶ山崎海秀選手に新しいユニフォームに袖を通して頂きました。ご覧の通り!ばっちり胸にロゴが入ります。両隣に花を添えているのは東京PRメイトの鈴木ゆきさん、みなみゆめさんです。
その28日の記者会見の模様、スポニチさんです。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/01/07/kiji/20190106s00002000232000c.html

夕刊フジ(ZakZak)さんです。https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190107/spo1901070009-n1.html

東京スポーツさんです。https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/1242742/

 

 

アルビレックス新潟シンガポールのユニフォームパートナーには、2014年から参画先Langrich→EnglishCentralが袖のところで参加していますが、そことは目立ち度(世界のCanon様の上!)もパートナー協賛金の規模も違うので、日本のクラブの取締役となり、もう後には退けない僕にとっての良いアルビな「根性焼き」となりました。ただいま第一弾の記念キャンペーンをLENSMODE.com にて開催していますので、ぜひこれを機にコンタクトレンズのご購入先をスイッチしてくださいませ。

 

微力ながら、知恵を絞り、アルビレックス新潟シンガポールとアルビレックス新潟、両クラブの発展に貢献したい所存です。

写真は中央が両社を牽引する是永大輔社長、そしてEnglishCentral取締役でもあり・・加藤と共に取締役を拝命した森田正康さんです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

ソーシャルワイヤーに関し、大量保有の変更報告書を提出いたしました。

 

2010年7月5日に資本参加したソーシャルワイヤー株式会社(出資時の社名は未来予想株式会社)には、同年7月12日より2015年5月25日まで取締役を務めました。

 

そもそも参画のキッカケとなったCROSSCOOPの海外展開に際しては、皮切りとなったシンガポール法人CROSSCOOP SINGAPORE PTE LTDでは2011年5月の設立から2017年12月まで、 + 繁田奈歩嬢を巻き込んで設立したインド法人CROSSCOOP INDIA PVT LTDは2012年10月設立から2017年12月まで、Directorの任に就いておりました。

 

2015年12月24日に東京証券取引所マザーズ上場した際には、5度撞ける鐘のうちの1回を担わせて貰いました。とても嬉しかったです。

 

 

■ 新規上場企業の横顔 ロイター :ソーシャルワイヤー

https://jp.reuters.com/article/idJPL3N13E1A820151119

 

*******

さて、

このたびソーシャルワイヤーに関して不肖加藤順彦は、大量保有の変更報告書を提出をいたしました。

 

報告義務発生日は2018年11月2日でした。

同社本則市場への準備(株主数増加)を後方支援することが主目的です。

立会外分売による11万株の売却を行い、持分は5.5%から3.7%へとなりました。

 

2018年9月末の同社の株主の状況はこんな感じでありました。

 

 

▼提出した大量保有報告書はこちらです。

https://disclosure.edinet-fsa.go.jp/E01EW/download?uji.verb=W0EZA104CXP001003Action&uji.bean=ee.bean.parent.EECommonSearchBean&TID=W00Z1010&PID=W1E63011&SESSIONKEY=1541484503242&lgKbn=2&pkbn=0&skbn=1&dskb&askb&dflg=0&iflg=0&preId=1&mul=%E5%8A%A0%E8%97%A4%E9%A0%86%E5%BD%A6&lpr=on&cal=1&era=H&yer&mon&pfs=4&row=100&idx=0&str&kbn=1&flg&syoruiKanriNo=S100EF6T&s=S100EF6T&fbclid=IwAR2uN2u1ivRzF8211hMblcmHf1ltHK_-OecKiSoS59BfuecLJdJ7jvBrM1c

 

資本参画以来初めて持ち分の一部をEXITいたしました。エンジェルとして意味のあるタイミングであることを誇りに思います。そして引き続き日本一の応援団員を続けます。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2019年03月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner