シンガポールからの訪日者数、4月は前年比5.4倍を記録



 5月24日、日本政府観光局(JNTO)より、4月のシンガポールからの訪日者数についての動向レポートが届いたのですが、、、
素晴らしい回復ぶりを示していますので、嬉しくなり、この場にて共有させていただきたいと思います。!

■ シンガポールからの訪日者数、4月は前年比5.4倍を記録

結論、前年同月から5.4倍の1万2,800人となり大幅増を記録しました。
前月3月は84.4%増の1万1,600人でした。

東日本大震災前の2010年4月との比較では7.4%減となり依然としてマイナス成長を記録となっていますが、2010年比では2月の28.6%減、3月の13.9%減と減少幅が縮小傾向に向かっています。

私たちmariposaの企画・プロデュースにて、一ヶ月間(1月26日~2月25日)に渡りオーチャード通りで実施した Discover Japan(千秋育子デザインのジャパントランプをテーマとしたイベント)の効果が豪快に出た!!と、勝手に思い込むことにいたします。
ばんざーい。

当時のイベントの様子は、GQコラムにて公開しています。

よろしかったら是非ご覧くださいませ。 いやー、またやる気でました。

シンガポール・オーチャード通りで、アートイベントDiscover JAPAN を展開します。1


シンガポール・オーチャード通りで、アートイベントDiscover JAPAN を展開します。2

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

シンガポールは、外国人が挑戦しやすい国

 
僕はシンガポールは、おそらく我々外国人が世界一起業しやすい環境ではないか、と思っています。

シンガポールって国は520万人しか住んでいません。
しかも居住者の1/4が私たちのような外国籍の人です。ここに暮らすひとの78%はChinese Singaporeans。

すなわち、独立した47年前からシンガポールの公用語はEnglishなんですが、それを話しているのは大方Chineseルーツ(彼らは華人、といわれています)の皆さんなんですね。

だからほぼ全員がEnglishに加えて、Mandarin(中国の公用語・官話)ベースの言語も話すのです。Englishしか話そうとしない人が大方のアメリカーン(日本人と同じ単一言語人)ばかりのニューヨークやロスでは、私のようなEnglishを多少しか話せない人類だと、まるで異星人かのように扱われた挙句、しまいには相手にされない、電話も途中で切られる、こともしばしばです。

いっぽうシンガポールはそういった背景(ChineseがEnglishを公用語としている)のおかげなのか一時移住者が極めて多い からなのか分かりませんが、当方の英語がカタコトでも文法めちゃくちゃでも、懸命に解ろうとしてくれる姿勢を感じる方が多いんですよね。

だから三年半前、移住する場所としてシンガポールを真剣に考えたとき、外国暮らし初心者の私でも、英語がイマイチ全くな私にも暮らしやすいのではないか、と思ったんですよ。

事実、そうでした。皆さん寛容なんですよねぇ。ありがとうございます。

でも周りが英語が満足に聞き取れない、話せない状況を受け容れてくれているからといって、それに甘えてEnglishが身につかないのは大問題ですよね!。

さて「シンガポールは、外国人が挑戦しやすい国」ということはなんとなく伝わったのではないか、と思うんですけど、では「外国人がもっとも挑戦しにくい国」はどこだと思いますか?。

私はアジアけっこう巡回して、いまダントツで日本ではないか、と思っています。とにかく外国人に起業させまい、というあらゆる罠が仕掛けられまくってますよ、日本には。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年04月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
日々思うところ 数多あり
PROFILE
Instagram
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner