ジョホールバルが面白くなるのはこれからだ。

 

僕がジョホールバルに移ってきて2年弱経った。

昨2016年12月に開業したKAMARQペントハウス http://asenavi.com/archives/14104 のある高級マンションImpiana (East Ledang, Iskandar Puteri )に限らず、ジョホールバルでは、イスカンダル計画に沿って、2010年以降に売り出された大量の新築コンドミニアムが昨年あたりからピッチを上げて、引き渡しが始まっている。凄まじいペースだ。

※ 参考→ デベロッパーUEM Sunriseのサイト http://www.uemsunrise.com/township/east-ledang/

 

即ち…今のところの此の地は烈しく供給過剰で相場も下がっているので、僕のように購入した人はぶっちゃけ今は売れないし、賃貸も明らかに『借り手』有利だ。

 

いま僕がこの8月まで借りている部屋は、Impiana同様にジムとプールがあるマンション(Sky Loft Premium Suite)の一室で、120平米の3ベッドルーム… 僕が新築1st Tenant(引き渡し後、初めての賃借人)だったにも関わらず、月の家賃は3200リンギット(6月23日の為替で8万円)だった。

 

でも、こちらの方がおっしゃるほどジョホールバルはゴースト化はしてはいない。

■ 5年前の海外不動産ブームが廃墟コンドミニアムに−マレーシア・ジョホールバル

http://www.toushin-1.jp/articles/-/2676

 

人口は予定通り増えている(ジョホールバル市の人口はここ8年で140万人→190万人に増加)し、イスカンダル計画の開発のペースは落ちていない。堅調に職場も増えている。

 

ジョホールバルで不動産関連サービスを提供している参画先 IKI LINKSでは現在、200戸以上のマンションを、日本人のオーナーから管理委託を請け賃貸付けやAirB運用受託をしているが、この半年の空室率はなんと10%を下回っている。ぶっちゃけ全然足りないので、この記事を観たジョホールバルでマンション持っているオーナーさんはマジでIKILINKSにご連絡いただきたい。

 

一昨年まで7年間シンガポールで暮らしていたけど、同レベル品質であればかなりの郊外であっても最低でも3〜4倍のコストが要る。

 

ちなみに僕がジョホールバルに引っ越してくる前に、シンガポールで暮らしていたマンション(The Rochester, Buona Vista 120平米の3ベッドルーム)で実際支払っていた家賃は当時6500シンガポールドル(6月23日の為替で52万円)だった。すなわちジョホールバルに引っ越して住コストは少なくみても80%は下がったと思う。

 

以前にも書いたけど、ジョホールバルの今後10年の発展を考えると、もっとも重要なのはしごと創りだ。

すなわち雇用と経済が創れる企業が、この地に陣を構えることを促進することだ。そのために我々外資も民間も行政もあらゆる努力をするべきだと思う。

■過去ブログ>ジョホールバルに経済と雇用が創れる企業・事業家を誘致すべく、IKI LINKSに参画します。

http://katou.jp/?eid=527

 

@Cosmeを運営する istyleは先般、ジョホールバルにてマレーシア全土に主に化粧品のECを展開するHermo Creatives を買収した。かなりいい会社だ。

■@コスメ運営のアイスタイル、マレーシアの美容ECを約15億円で買収 海外売上高比率上昇へ

http://ma-times.jp/50219.html

 

これぞ三方よし、そのものだと思う。

 

今後10年、東南アジアはこの20年続いた未曽有の経済成長の余波、慣性利益を生み続ける。

中間富裕層が最も増え、消費者の生活品質はますます向上する。

 

つまり、面白いのはこれからなのである。

日本の多くの価値創造企業は、東南アジアで爆発する域内内需を取り込みに行かねばならない。

これからでもまだ遅くない。最終電車はまだ出てはいない。

 

そのためにistyleのようにマレーシアに、とりわけ東南アジアの経済の中心であるシンガポールの隣街ジョホールバルに出てきてほしいのだ。

 

 

***********

 

かたや、シンガポールは猛烈に外国人のワーキングビザの基準を上げている。

それまで働けていた外国人のビザが更新され難くなったのだ。シンガポールにいる日本人(2016年末現在、36000人内外)にとって、最もポピュラーなEPと呼ばれるワーキングビザにおける最低賃金が2017年から大きく上がった。そして、雇用側がその給与を出したとしてもビザが出にくくなってきた。

この6月末でEP更新の特別移行措置が終了し。今後は更新できない人が増加するのは確実だ。

 

就労ビザ保持者数推移(シンガポール人材開発庁公表データ)

http://www.mom.gov.sg/documents-and-publications/foreign-workforce-numbers

 

当たり前だけど、シンガポールにとって最も重要な資源は国民だ。

シンガポールは長年にわたり、その国民により高い生活=給与水準を提供していくために外国人の移住をコントロールしているのだ。賢明な意思決定だと思う。

 

ただシンガポールの地においてシンガポール人だけを、とりわけ低スキルワーカーを選んで雇用するのはかなり困難だ。

しかし!(シンガポールのユニクロ様、セブンイレブン様にも長期間ご利用頂戴している)参画先 SMS24/7 http://sms247.com.sg/の提供する採用ソリューションを使えば、面白いほどホイホイ採れるので、ぜひ試してもらいたい。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

ジョホールバルからシンガポールに居宅を戻します。(もちろんJBは最高!)

 

シンガポールからクルマで一時間のマレーシアの国境の街ジョホールバルに引っ越して、あっという間に1年9か月以上経ったわけで。こんなにも近くではありますが、暮らしてみてじっくり比べてみると、多くの違いを感じています。

2015年9月のブログ)■移住以降4度目の引越し。シンガポールとジョホールバルに居宅借りました。http://katou.jp/?eid=491

 

 

なによりも違う点だと感じているのは

 

ジョホールバルの人たちの 穏やかさ でしょうか。

 

シンガポールの人々よりも、落ち着いているというか、のんびりしているというか、、、まぁ 穏やかなんだと思うんですよ。

 

『穏やか』なのはジョホールバルに限らない、マレーシア人の特長・国民性といえるんだと思うんですが、日本人が11年連続で海外で暮らしたい国にマレーシアを一番に選んでることと繋がっていると感じます。そう、日本人に合ってると思いますよ、マレーシアの雰囲気や空気が。

 

 

僕はジョホールバル暮らしをすっかり気に入って、ビジネスにおいても

 

2016年4月から、当地にてLittle Japan構想を掲げる不動産サービス会社 IKI LINKS(2010年の創業以来500戸を超える販売実績。現在200戸の運用をオーナーから受託しています。) の資本と経営に参画し、セミナーやSNSでジョホールバルでの住生活や教育観境をアピールしてきました。

 

 

またイスカンダル計画の核である文教地区Nusajayaにて、参画先KAMARQ製の家具で全室を調度したペントハウスを開業(こちら250平米2層抜きのマンション最上階。3ベッドルームで最大8人泊まれます)。AirBnBにて募集、 IKI LINKSにて管理し、多くの視察や観光の皆様に KAMARQ 製品のある生活を体験して頂いてます。

 

昨2016年からは(小生が副会長を務める)シンガポール和僑会 https://www.sg-wakyo.com/ の会員合宿をジョホールバルで開催しており、今年度も1月に加藤の旅程企画、アテンドにて実施する予定です。

 

 

 

UberとGRABを普段使いしていますが、かたや日本から関税なしで持ってきた(MM2Hビザ取得の特典)自家用車のハンドルを握る日々も愉しいのです。

ジョホールバルでの暮らしについては、小生が前書きを寄せた藤村正憲さん( IKI LINKS 前社長)著『さあ、あなたも「世界一住みたい国」で幸せに暮らす計画を立ててみよう!』をお読みいただければ、なお嬉しいです。 http://katou.jp/?eid=496  ← 参画先ゴマブックスから発売中

 

 

 

***********

 

さて、そんなジョホールバル大好きな僕ではあったのですが、

先日…4月末に大阪の家業を継いでいた実弟が物故したことで、60年以上続く商いの跡目を承継することになり、

加えて4年間、娘が通っていた学校(マールボロカレッジ)から在シンガポールの学校に転校することになったこともあり、

 

この8月から、日本により移動しやすいシンガポールに移ることにいたしました。正直、かなり名残惜しいですww

 

折しも

日本向けのLENSZEROや米国向けのLensPureなど…レンズモードグループの事業展開がおおきく加速してきているので、今度の居宅は同社オフィスにほど近い(=つまりチャンギ空港に近い)ところに決めました。CrossCoop Singaporeにも、2年前までのように週に1日は居るようなペースにします。

 

シンガポール メインに戻すことで、

KLab Global、SMS247、YOYO、Duckbill、Mercatores、ISTYLE Global、KAMARQ、更には8月から新規参画する法人など…在シンガポールの参画先への貢献度も上げたい、と思っていますYO!

 

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

***********

 

 

ちなみにマレーシアのMM2Hビザ(10年更新の長期滞在ビザ)は持ったまま、シンガポールに動きます。

そのあたりご興味・関心のある方は、ぜひお気軽にマレーシア政府正規エージェントでもあるIKI LINKSにご連絡くださいませ〜 https://www.ikilinks.com/jp/mm2h

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2020年02月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner