『何もそこまでやんなくてもいいんじゃないかな』領域にこそ商機。

 

 

昨日のマニラの夜は、サイスコーピオンズ鈴置勝さん(在住10年)に、2年に渡って参画先YOYOがオフィスに居候させてもらっていた御礼も兼ねて、お食事にいったんですよ。

 

そしたら酒宴も中盤になって、拙著「若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録」をすでに読んでくれていた彼からサラリと、

 

『加藤さん、去年からamazonギフト券の買取をやっておられるじゃないですか。あれはいくらなんでも、というか、加藤さんの格がさがるんじゃないか、なと思うんですよ。何もそこまでやんなくてもいいんじゃないかなーと』

 

って、いわれたんですよねぇ♪ 。

(ちなみにハッピーマネーは、僕は手伝っていただけで株主でも役員でもないですよ。)

 

 

いや〜 嬉しいことを言ってくれるなぁと。

 

 

アシカ軍曹こと西山圭さん(チケットストリート代表取締役)にウミガメの評を書いてもらったときにもコンタクトレンズ越境ECやアマギフの買取について 『またそんなアグレッシブにいかんでも…』いった愉しいナニをいただいております。 

 

http://ashikagunso.blog.jp/archives/55565849.html 

 

 

 

僕はといえば、今年でリョーマを創めて…かれこれ30年となるわけですが、

もともとの祖業が、大学生による大学生向けの運転免許合宿の販売に始まって、

ダイヤルQ2 → 

成人誌へのツーショットダイヤル広告掲載 → 

無名なISP(インターネット接続業者)広告代理 → 

いわゆるネット系企業を広告主とした広告代理業 

と河岸を推移してきた者です。

 

 

シンガポールに移ってからも、

コンタクトレンズの越境EC をメインに、いまの参画先も

 

ビットコインの取引所

新興国むけのオンライン農協

SMS(非ネット)を使った採用支援サービス

独居高齢者向けのシェアハウス運営

巨大すぎる名刺入れメーカー

民再後に電子書籍専門となった出版社  ・・・

 

など、かなり奇手っぽい業態にばかり参加しております。もちろん、そうなるべくしてなったと思うのですけど。汗

 

 

*************

 

2014年3月〜4月にかけて、僕はビットコイン界隈の事業を専門に取り組むビットチェック(現ビットバンク)の資本を集めていたんですよね。

 

 

その際に、行く先々の投資家さんに言われたのが、

『ビットコインはいくらなんでも、というか… 何もそこまでやんなくてもいいんじゃないかなーと』  っといった、ニュアンスのご指導というか、むしろ苦言ばかりでした。

 

 

背景としての、いわゆるマウントゴックス事件が発生したのが、2014年2月。

前年4月には、世界のビットコイン取引量の70%を占めていた取引所であった同社の破綻で、うち被害を届け出た人だけでも約2万4700人。その債権の総額が約2兆6630億円にまでのぼっていました。豪快でしたねぇ…

 

まぁ、その事件の直後だったので、僕には大チャンスにしか見えなかったのですけど、そうは見えなかった方々が大多数となってしまいました。

故に設立時の資金調達はなかなかしびれるものがありましたねぇ。

 

でも、今思い返しても、ビットバンクを立ち上げるタイミングとしては、あの時しかなかった(2014年5月設立)と思うんですよね。

 

 

*************

 

ここ2〜3年の間に、amazonギフト券がベラボーに流通しているのは間違いないなかで、いまネットで調べても、アマギフ買取をやってる風味の事業者はほとんど全てが詐欺まがいばかりだったんですよね。

 

だからこそ、きちんとサイトに掲示している買取率で買いとり、迅速に現金を入金する… といったある意味で『当たり前の商い』をやれば勝てるんじゃないか、と思ってハッピーマネーをローンチしてそろそろ一年。

当初の目論見以上に多くの皆さんに繰り返し、ご利用いただいてますよ。これぞ冥利ですわな。

 

 

無論、ワザといかがわしい感じのクリエイティブにしているのは『インターQ 1分で接続』のピンク金アカときと同じ発想です。クレイジーすぎると誰も寄ってこない、という。笑     参考: http://katou.jp/?eid=424 

 

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

ビットバンクが仮想通貨取引所bitbank.cc、ホワイトラベルbitbank for brokerの提供を開始しました。

 

 

ビットコイン界隈の事業を展開する参画先ビットバンクが、ビットコイン・仮想通貨取引所 bitbank.cc をリリースいたしました。 

 

弊社の最初のビットコイン・仮想通貨取引所である bitbanktarade.jp が操業開始したころから、この第二形態(社内用語ではBT2)は構想・開発が進んできました。

 

ユーザー向けのトレードプラットフォーム bitbank.cc はスマートフォンに最適化されたUIで、外出先や休日の公園、カフェからでも仮想通貨取引ができます。現在、APIを通じた取引は解放していないものの、3月中にも公開できる見込みです。

 

またこれまでのbitbanktarade.jp は取引がUSドル建てで、日本円建てでは購入できなかったのですが、bitbank.cc はBTC/JPYとなっています。もちろん弊社の得意技である先物取引 ビットコインFXは、bitbank.cc でもご利用いただけます。 

(bitbank.ccは、bitbanktarade.jpと別の会員管理の仕組みとなり、ご利用には新たに会員登録していただく必要がございます。)

 

今後はBTC/JPY以外の取引ペア、BTC以外の仮想通貨もユーザーの要望に合わせて適時追加していく予定です。

 

**********************

 

あわせて、今春の改正資金決済法を受け、新規参入を検討する事業者を視野に入れて、このbitbank.ccを基盤とした、顧客同士の取引を処理するマッチングエンジン「bitbank exchange」への接続APIと、取引所への接続アプリケーションとしてのホワイトラベル「bitbank for broker」の提供も開始いたしました。

 

2年間の運用経験と、事業会社や金融機関の参入を見込んでこの構成となりました。

ホワイトラベルの導入は、最短2週間で実現可能で、ビットバンクがウォレットを提供するため、仮想通貨やブロックチェーンの専門知識も必要ありません。併せて仮想通貨事業に関わるコンサルティングも提供いたします。

 

はやばやと以下の記事にも取り上げていただいています。

 

■ 2週間で仮想通貨取引所ホワイトレーベルを立ち上げられるサービス、証券会社・FXブローカー向け「bitbank exchange」提供開始 Techwave http://techwave.jp/archives/bitbank-exchange-launching-25477.html

 

■ ビットバンク、仮想通貨取引所の開設業者を支援   日経(会員記事) http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H67_Y7A220C1EE8000/

 

 

思えば、足掛け2年… ぶっちゃけ長かった!。

関係各位おつかれさまでした。

 

さぁ、いよいよビットバンク、第二フェイズ突入です。引き続きよろしくお願いいたします。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2017年03月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
日々思うところ 数多あり
PROFILE
Instagram
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner