藤子・F・不二雄著「あのバカは荒野を目指す」を巡る40年今昔。

 

中学校1〜2年(1980年前後)の頃に、藤子不二雄さんのSF短編集を読みふけってたことを、31〜32歳(1998〜99年)になった頃になんかの拍子で思い出したのだろう。

  

 

22歳の時分に何度か、その内容について振り返ることになって… 

激しく印象に残っていた、或るSF短編マンガの「内容」のことを(当時、営んでいた広告会社)日広の採用説明会や社員研修で思い出しながら、語ることがあった。

 

 

いつだったか… のちに第一号たたき上げ取締役になったサトケンからこう言われたのだ。 

「加藤さんが中坊の頃に読んだっていう…藤子・F・不二雄さんの短編マンガ、ネットで調べてもみつからないです。どんなタイトルだったんですか。」  「え、そうなの?!」  

  

(いやぁ…でも僕はコマ割り・セリフまで割と鮮明に覚えていて、ないなんてことはないはずなんだけど)

と思いつつ、そのあとけっこうネットで調べてみたんだけど、残念ながら…そのSF短編マンガもタイトルも見つからず、僕はサトケンに答えを打ち返すことが出来なかった。そして、いつしか記憶から消えていってた。

 

 

 

********

 

1988年…大学3回生になったあたりから、それまで疑ったこともなかった実家の商いを継ぐコースにそのまま乗るのか、

設立から共に創り上げてきた学生企業リョーマや垣間見ていた東京でのベンチャーの彼方に向かうのか、

深く懊悩するようになった。 

  

  

親に期待されていることは分かっていた、自分でも納得していた。にも拘わらず、どうも家業後継がまったく面白くないような気がしてならなかった。しかし道理で考えても、情緒的にもそっちに行くべきだ。

 

で、其のSF短編マンガの「内容」を思い返すようになった。

もし未来の自分が目の前に現れて、いまの自分に「実家の商いを継ぐ方向にいきなさい」と忠告してきたとしたら、自分はどうするのか。

 

僕は13歳の頃に読んだ…あのマンガの「内容」を、セリフを思い返した。そして励まされた。

  

悩み悩んだ挙句、行手がたとえ荒野と判っていても、100回…同じ選択の機会があろうと、僕はその道=家業を継がず上京する、ダイヤル・キュー・ネットワークに参加する道を選ぼう、と決断したのだ。 

 

 

 

果たして、上京して半年…大学を卒業して僅か1か月で、その会社は破綻した。

 

自部署のメンバーは1名を除いて全員、営業譲渡先に連れていけないことが決まっていた。

ゴールデンウィークの直前、24歳で部長だった僕は歳上の6名の社員ひとりひとりに会社も仕事も御仕舞であることを半泣きで伝えた。かたや自身の受け皿会社への転籍は、僕の居ない席で決定していた。ドナドナの仔牛だ。

 
でも僕は一年以上懊悩して出した決断に従って、東京に留まる肚は括っていた。大阪のザイルはとうに切っていた。

だから実弟が家業の行く末を慮って己の人生のコースを変更するって想定外の事象が起こることもあり… のちになって幾つか反省はしたけれど、あの決断についての後悔はなかった。

 

http://nagakoshi.co.jp/contents/reports/interview010_3.html  

 

********

 

昨日(2019年6月28日)、引っ越しの作業で書類を整理してたら、99年に岡本呻也さんからの取材で僕が喋ったことについての、文字起こし正誤確認の一部がひょっこり出てきた。20年も前のメモ…懐かしい。

  

!「あのバカは荒野を目指す」 !

  

なんと岡本呻也さんは、僕がばーっと喋っていた…あの或る短編SFマンガのタイトルを調べ至っていたのだ。

そのマンガだ。急ぎググってみたら出てくる。藤子・F・不二雄先生の。取り急ぎ、購入してダウンロードしてみた。間違いない。40年前の、あのときのままだ。

 

 

コマは潤む。タイムマシンか。

 

このマンガに出てくる貴方は誰なんだ。

 

 

僕は嬉しすぎて、facebookメッセンジャーでサトケンに繋いだ。

 

 

岡本さんは、あのバカにやらせてみよう、と思った?のかな。

 

嗚呼とにかく… なにかをやってみたくなった。ひと花さかせられないものでもあるまいよ。

 

 

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

RainbowSmile.jp シンガポールのサプライズ演出スタッフを募りまーす♬

 

 

昨2018年の夏にレインボースマイル RainbowSmile PTE.LTD.という会社をシンガポールに設立しました。

この会社は、2013年から余伍浩子さんが営んでいたサービスを、シンガポールにて法人成りしたものです。https://www.rainbowsmile.jp/ 僕は在住Directorを務めております。株主にもなっています。

 

去年9月にこのブログ http://katou.jp/?eid=629 で紹介した際にも書きましたが、僕はこのサービスを【ハワイで、人にビックリ仰天で嬉し泣きしてもらうためのサービス】と解釈して、日々取り組んでいます。最近のご依頼人はパートナーの方からだけでなく、お子さんのバースデイパーティやご両親の周年祝宴の嬉しい演出をご一緒することも増えてきました。

 

で・・・ここで皆さんにお知らせというか、募集です。本社のある此処シンガポールでも、ハワイで5年間やってきたレインボースマイルを立ち上げたいのです。

そう!あなたもサプライズスタッフをやってみませんか?

 

レインボースマイルではご要望に応じて… 依頼人のたいせつな人にビックリ仰天を提供するために、

 

こっそり居ない間のホテルの客室に入っていって、ルームデコレーションをしたり、

 

前もって約束の地に出かけていき、ピクニックの段取りや、サプライズプロポーズの準備をしたり、

 

突然に家族のお祝いの席を盛り上げる サービスをしています。

 

あ、サプライズの種類はハワイだとこの形ですが、シンガポールだと全く新しいパターンが生まれるかもですね。その辺りも一緒に作っていける方だと素敵です。

 

依頼人たちの居ない間に、お部屋を訪ねていって、手際よく、かっこいい、カワ(・∀・)イイ!! お部屋のデコレーションをするプロフェッショナル(になりたい方)とお仕事をご一緒していきたいので、

ひとつひとつのミッション(依頼人にとっては一生で一度きりのイベントも!)を、ワクワク楽しんで、ちゃんと絵的にもこだわって(デコレーションは見た目がだいじ)、丁寧にやっていただける方と巡り合いたい、と思っています。

 

英語や中国語など、語学力の高い方もポイント高いです〜。今後は依頼人を日本人以外も狙っていけたらすごーく良い!と思っています。依頼人からのハワイでのお仕事をシンガポールから手伝ってもいただくこともありそうです。

 

********

もちろんシンガポールという国では、レインボースマイルで働いてもいい人には前提条件があります。

 

(ここで照沼さんの丁寧な解説をどうぞ。|シンガポールの就労ビザについて https://www.sds-singapore.com/steps/visa.php )

 

僕のようなシンガポール永住権(PR)保持者、もしくはシンガポール国籍保持者、

自ら起業して、自分にEP:Employment Passを出している方(=自営業者)、

の皆さんには真っ直ぐに挙手していただいて、問題ございません。

 

一方で企業からの就労ビザを受けている人 =すなわちSパスまたはEmployment Passで就労している方はご一緒することができません。

 

Dependant's Pass(配偶者ビザ)と言われるビザをお持ちの方で、良い方との御縁があれば、ぜひ会社としてLOCの発行をしたい、と考えています。

就労ビザを所持している方の配偶者及び21歳以下の未婚で法律上子供にあたる方に対して発行されるビザ。このビザの保持のみでは、シンガポールに滞在することはできても就労できません。)

LOCとはLetter of Consentの略で、Employment Passの配偶者としてDPを所持している方、またはシンガポール国籍/PRを持ってる方が、レインボースマイルに限らず、シンガポールの法人で働く際に必要になる許可証です。

 

ぜひ奮ってご検討ください。ご連絡はこちらまで ! → info@rainbowsmile.jp

 

 

なぜ僕がこの会社に参画したのか、どんな狙いなのか、ってあたりは3月にLEONのコラムで書かせてもらいました。こちらも併せてお読みいただければ嬉しいです。

サプライズ演出研修ってことでオアフにも行けるような気がします。楽しみになってきたでしょ。でしょ。

 

■ 1999年の“予言”が20年後に的中!? 大橋巨泉の「幸福論」【加藤ポールの「激動の投資家人生」 vol.22】 

https://www.leon.jp/lifestyle/10938

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2019年07月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner