TOKYO PRESS ROOM/東京PRメイトを宜しくお願いします。

 


1992年8月、生れて初めて代表取締役になった広告会社:有限会社日広を始めたのは、齢25と4か月。

 

何故にイージーにその会社を創業するに踏み切れたかというと、その一年ほど前から僕はアフター5に、友人 石川清雪さんの営む通販会社兼広告代理店の運営を手伝っており、雑誌広告の取扱がどんなものなのか、ということは知っていたからです。

で、その前に在籍していたダイヤル・キュー・ネットワーク→徳間インテリジェンスネットワーク での仕事を通じて、知り合った(後にいう)出逢い系サービスのオーナー社長2人から『加藤ちゃん、広告の仕事やるから』とほだされたような恰好で始まったのです。

 

当初から得意先には恵まれたものの、雑誌広告を売り捌くには出版元から広告枠を仕入れなくてはならないのですが、前後して取締役を引き受けていた石川さんの会社=株式会社リバーストンでの取引実績があったので、当初は回し取引もらったりしてスムーズに商売を立ち上げることが出来ました。

 

やがて日広も雑広最盛期:1994〜5年はわずか3〜4人のメンバーで月に500ページ!もの雑誌広告を販売するまでに成長したのですが、翌年のインターネットの登場を境に主取扱とお得意先筋を成人誌からパソコン誌にスイッチ。その後は徐々に石川さんとの共同戦線も方向がずれていったこともあり、僕は1997年11月末付にてリバーストン取締役を退任しました

 

****************

 

時は経ち…2008年6月の、日広のGMOインターネットグループの傘下入りに伴い、僕は設立以来16年務めていた同社(現GMO NIKKO株式会社)役員を退き、シンガポールに居を移しました。

 

で!それ以来〜現在までの10年半は、日本を外から揺さぶり刺激を与えるべく、日本人が主に東南アジアで起こすベンチャー、スタートアップの資本と経営に『エンジェル事業家』として参画してきました。

 

そんなグローバルな僕のはずではあったのですが、石川さんと夜中まで呑んで騒いだ席上の流れで…2016年5月から18年半ぶりにリバーストンの取締役に復職しています。(復職時のブログはこちら: http://katou.jp/?eid=542

 

ここんちは今も新聞、とりわけスポーツ新聞と夕刊紙の広告とバラエティに富んだジャンルの雑誌媒体を取り扱う日本ローカルな中堅広告会社です。久しぶりに取締役を引き受けたのは、まぁ僕が広告の仕事がいまも大好きということもありました。この再び乗った船で、独立した頃の僕を育んでくれた紙媒体の機能を活かし、日本でもいろいろと面白いことを仕掛けていきたい!と張り切って仕事作りに取り組んでいます。

 

そのリバーストンが、記者発表のイージーオーダーのような仕組みの ”お手軽記者発表” 事業を始めたので、年初にアルビレックス新潟シンガポールの2019ユニフォームパートナーをLENSMODEとしてお引き受けしたことの契約締結の発表記者会見を開催させていただきました。 https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/1242742/  多くの報道の…在京のスポーツ紙、夕刊紙の記者の皆さんに取材にお越しいただき有難かったです。

 

 

これから東京PRメイト所属の”ピアドル”が、媒体社様を突撃キャラバンで巡回したり営業したり!各メディアへの露出を図っていくつもり https://www.tokyopress.jp/ なので、予算をつけた広報展開をご検討の皆さま宜しくお願いいたします。

 

 

アルビレックスに限らず、全国津々浦々多くの種目のスポーツチーム/クラブ/サークルが地域や年齢をまたいで星の数ほど存在していますし、うまくタイアップした企業の認知促進やCSR活動をしっかり運営受託できるマーケティングサポートの会社もまだまだ余地はありそうだな、と感じている昨今ではあります。

 

ということもあったりで…最近は東京に入る度に、腐れ縁の石川さんと文京区本郷の自社ビルで顔を突き合わせて暗号通貨から東南アジア・インド、新潟の話題まで四方山話をしています。僕は僕で、指おればリバーストンは設立29年目、日広→現GMO NIKKOも8月から28年目で、そら僕らもオヤジになるわけです。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

デジマ界隈をCNET→Agenda noteにて語る今昔。『昔の名前で出て』るのは辛い件…でも身錆(後編)

 

 

 

 

2007年7月1日、代表取締役社長を橋口誠さんに替わり、僕は「取締役会長」となった。新しい体制に僕は不要なのだ。

これに伴い、僕はCNETの連載も降ろさせてもらうことにした。

編集ご担当はすぐ動いてくださり、海老根氏とのリレー連載は、バトンを業界人間ベム:横山隆治さんに繋げることになった。

 

7 「ひとのフリ見て我がフリ決める」という人の行動心理をつかむ 2007/5/28 

8 携帯電話のみのネットユーザーは低レベルじゃない 2007/6/11  

9 SEMは生活者視点の広告手法〜マーケティング全体との相関 2007/6/25 

 

僕のパートの最終回公開は代取退任の5日前となった。

 

 

翌08年5月19日、NIKKOがGMOインターネットグループに加わることが公表となった。僕は8月25日の株主総会で取締役会長を退任した。

最終出勤日は5月23日だった。GMOインターネットグループ傘下入りについては過去のブログに詳細を記しているので、ご関心あらば参照願いたい。  http://katou.jp/?eid=343

 

 

 

*********************

 

シンガポール移住以降はいつしか「エンジェル事業家」或いは「事業家」と名乗るようになった。パッと全部出てこないくらいの数の会社に参画し、それぞれの会社で役員を務めてきたが、いつもそう答えるようにしてきた。

 

それでは困られる時と場合があり、幕張メッセの催しの会場で、サイトでなんか登録するとき、なにか募ってるのに応じる際、所属の組織を訊かれる。仕方ないから、だいたいはLENS MODEと記入してきた。でも同社では僕は株主以外にポジションがないこともあり、肩書欄には 「事業家」と書いてきた。

 

 

先週(2019年5月29日)家業に燃える方向になったこともあり、ブログの表題を変えた。ついでにブログで紹介している僕へのインタビューとか記事のリンクを整理した。折角の機会なので、個々の記事で僕がどんな肩書で紹介されてるのか改めて観てみた。やっぱ僕自身が希望してきただけあり「エンジェル事業家」とあるのが大方だし、殆ど会社名はLENS MODE になってる。

 

一昨年5月に家業を継いで、去年からは親会社(ToGEAR Pte Ltd)のCEOに就いたので、最近はToGEARと書くようにしてる。もうエンジェルほぼ止めたから、これからは訊かれたらCEOや事業家としそうだ。

 

 

そんな近日の僕のロングインタビューが広告業界/デジタルマーケティング領域のウェブメディア Agenda Noteさんで6月3日から公開された。 https://agenda-note.com/brands/detail/id=1339

全3回。中味は割と濃いつもりだし、とても丁寧に分り易くまとめて頂いたので、ぜひ楽しんで頂きたい。

 

 

NIKKOを離れ広告業界から退いた僕は、既にその世界の浦島太郎、門外漢である。そんなわけなので広告やマーケティングについて語るのって、もしかしなくても、あの頃のCNETでのコラム連載以来であろう。

 

編集ご担当の意向で肩書は 日広(現 GMO NIKKO)創業者 となることになった。いや〜汗 『一応もう退任して11年も経ってるので勘弁してください』と編集氏や社長にお願いしたものの、願いかなわず、その肩書で出ている。確かに広告やマーケティングの世界の方々にはそこが爪の掛かる場所なんだろう、と。記事は媒体様のものなので、先方の御判断で良い、とは思うものの、果たして今のGMO NIKKOのメンバーがみたらどう思うかなぁ…と。

 

僕を知ってる社員ってもう20%もいないと思うし。退き際アレだった僕が、昔の名前で出ています、的な。あの人は今、的な。正直いうと…申し訳ないというか、こっ恥ずかしいです。

 

裏を返せば、退任して11年も経つのに、52年も生きてるのに、いまでも小生って 日広創業者 が最も分り易いってことなのかしら、と。ならば仕方ないというか、それを上回る社会的実績が出せてないってことなんだよなって思う、など。

 

決してAgenda noteさんへの不満ではなく、所感として。

理想としてはなんもなく「加藤順彦」がいいんだろなぁ。前後編に分けて長々書いてきたのは現メンバーへの釈明のつもりなのである。今後とも仲良くしてください。

 

 

(後編 おわり ※ 写真はブログ表題変更&路線変更に合わせ、11年ぶりに着たスーツ&タイ写真です。)

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2019年06月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner