ホリエモン万博出ます。シンガポールへの留学生にインターン先をアレンジしてます。

年末に友人の結婚式に参席したら、僕がシンガポール法人のDirectorを拝命しているistyle吉松さんや、最近ベクトルで大活躍の中島さんもお越しで、真田さんと一緒に写真撮ったり。

 

帰り道にこれまた隣のテーブルに居たたかぽんと立ち話…してたら 

 

2月3,4日に六本木である「 #ホリエモン万博」の話題になり、その場で参戦が決定しました。

僕は3日のお昼前後にある「怒涛のトークショー」 こちら→ http://expo.horiemon.com/?p=298 ってたかぽんをホストに平均37分刻みでどんどんと対談相手を替えてトークしていくというコーナーに出ます。

 

3日の僕以外のお相手はオープニングが菅本裕子(ゆうこす) さん、そして中島聡さん、古市憲寿さん、鈴木おさむさん、岩崎夏海さん、乙武洋匡さん、西原理恵子さん(順番不明w)。加えて合間?に前田裕二さん×箕輪厚介さん、そして西アズナブルさん×編集Sも対談するようです。

2月3日だけのチケットもあるし、4日との通しもあるし、チケットの種類によって、参加できるイベントも細かく分かれているので、よく吟味してくださいね〜。

 

**********

 

そのホリエモン万博には、前回のエントリでもご紹介したとおり、僕は岡山でのウミガメ講演から移動して参戦するのです。いま絶賛受付中なので、皆さん是非お申込みくださいね。

 

さて、この講演会の実施についてずっとやりとりしてきた主催のWAOJE岡山 http://www.okayama-wakyo.com/ そしてWAOJE理事の仁科慎太郎さん曰く 「学生を沢山呼べるように声掛けしておりますので、よろしくお願いします(´∀`*)」 ということ。

あ!ほんとだ。ポスターをよく見ると、学生さんは1080円ですね。

 

ということで、僕も学生さんの動員を頑張ろう!!と、現在、シンガポール和僑会ユースの運営で大活躍している留学生 天野央登さんに声を掛けて、彼らが運営しているメディア 交換留学ドットコムにて記事で紹介してもらいました。(僕は雲の上ではないけど…汗)

◇ 〜シンガポールで活動する事業家が学生に向けて講演!〜 シンガポール国立大学の交換留学中に出会った著名人とは!?

http://koukanryugaku.com/nus-blog-10

 

天野さんとは、もともと去年から審査員を務めているKBB Next http://www.k-bb.net/index.html(彼は昨年度のピッチで交換留学.comで優勝)で知り合ったのですが、彼自身が今まさに慶應大学からシンガポール大学へ交換留学生としてシンガポールに来てるんですよ。

 

シンガポール和僑会は、昨年からユース(25歳未満)という新しい会員枠を設けて、明日の日本と世界を担う若者たちに和僑マインドや起業家精神に触れてもらおうとしているのですが、いまや正会員の71名に迫る勢いの人数になっています。しかも和僑会の活動にとっても熱心に参加してくれてるので、会員の皆さんからも大好評です。

 

昨年からはシンガポール和僑会の会員が営む企業へ、在星の留学生の皆さんがインターンできる制度をスタートしています。

これまでにも多くのマッチング実績がありますが、昨今はシンガポールにお越しの日本人留学生の3−4割と日々連絡できる状況となっているので、今年は積極的に(日系に限らず)在星企業に対してのインターン学生のマッチングをどんどんアレンジしていきます♪♪ ので、よろしくお願いいたします。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

2月1日の夜、岡山でウミガメやります!懇親会も出ます。

 

日本は成人式とかあって、2018年は1月9日から操業って会社が多いですねぇ。景気がいい証左でしょうか。

 

年がかわって、変わること変わらないことに気づきますね。僕は前回にも書いたようにスケールを上げることにしたので、今年は目線も意識して上げていきます。

 

10月のエントリー http://katou.jp/?eid=600 にも書きましたが、今年もシンガポール和僑会 https://www.sg-wakyo.com/ の活動がんばります。

 

恒例のクリスマスパーティは初めて一泊20万円!のペントハウス(セントーサ島の超高級コンドミニアム)を貸し切って行いました。最高に楽しかったです。

 

再来週1月20〜21日は、昨年に続きジョホールバルの最新事情を遊びつつ学ぶべく、会員だけの一泊二日遠征に出てきます♪ 

 

そんなシンガポール和僑会は、この2018年1月に、2度目の運営組織体の変更を行いました。

これまでシンガポール和僑会の運用を置いてきたSociety(JOEN Singapore)を、所有を主張されている御仁に贈呈し、それ以外の資産の全て(8年間の実績、会員、現預金)を新設したシンガポール法人 SINGAPORE WAKYO KAI PTE. LTDに移したのです。

 

当会は、2010年11月末に開催された第二回和僑アジア大会にわらわらと集まった斎藤真帆さん、坂本靖英さん、岩田弘志さん、坂田恵子さんと +不肖加藤の5人がシンガポール組として参加するあたりからぼんやりとスタートしています。その後2012年11月23日24日の第四回和僑アジア大会のホスト(開催国)を務めたのちに、組織をいちどリセットいたしました。 それまであいまいなまま勢いで進めてきた組織を、シンガポールにおける公式な非営利団体(=Society)として登記したのです。その後、代表者は2度交替して、2016年4月より現体制となっております。

 

このSINGAPORE WAKYO KAI PTE. LTDは出来立てホヤホヤですが、これまで納付いただいてきた会費の残金の全てを収めてあります。ユースを除く会員全員に収めていただいている毎月20ドルの会費は今後、同社の売上(笑)になりますが、シンガポール和僑会の活動のためだけに、運営メンバーの管理・監督のもとに、適切に運用していきます。

 

同社の資本金は1ドル、所有者は現代表である関泰二の名義にいたしました。で、今後は替わるたびに株式を次の代表に名義書き換えします。また設立に際して、Director(取締役)には現 副代表である坂本靖英さんと不肖加藤が就きました。

 

シンガポール和僑会はこれまで通り、祖であり礎である香港和僑会をはじめとする中国各地、香港、台湾の各和僑会と活動に於ける連携を続けていきます。昨年10月に東京で開催された和僑チャイナウィーク、加藤はほぼ全てのイベントに参加してきましたが、たいへん意義深いものでした。今後もシンガポール和僑会として適宜ご一緒出来れば素晴らしいと思っています。

 

◇ 参考記事:海外在住日本人の互助会「和僑会」がチャイナフェスティバル2017へブース出店。その目的とは?  https://hbol.jp/153395

 

************

 

昨年末の大阪では

立命館大学経営学部(OSAKAあかるクラブの寄附講座)や、関西大学梅田キャンパスで若手後継者(アトツギU34)を対象としたもので http://next-innovation.go.jp/renovator/presspost/20171223/ ウミガメ講義を務めさせてもらってきたのですが、 

 

2018年一発目のウミガメ講演は岡山で行います!

 

昨年、広島和僑会さんのお招きでウミガメをやらせてもらった http://www.wakyo.hiroshima.jp/2017/03/31/post-418/ ときに、わざわざ岡山から駆けつけて頂いた仁科さんそして小原さんとのお約束を果たすために伺うものです。 

主催していただくWAOJE岡山 http://www.okayama-wakyo.com/ の皆さま、今年もシンガポール和僑会をよろしくお願いいたしますね!。お逢いするのを楽しみにいたしております。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年01月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
日々思うところ 数多あり
PROFILE
Instagram
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner