ホームIoTのKAMARQ、本格始動とペントハウス開業のご報告。

 

 

ホームIoTのKAMARQの第一弾製品 SOUND TABLEが、昨日1月18日に発売開始となりました。
   
そのニュースリリースは、こちらです → 

■ シンガポール発 IoT家具ベンチャーKAMARQ(カマルク)  日本市場へ本格上陸 テーブルそのものがスピーカーの 「SOUND TABLE」を2017年1月18日に一般発売 KAMARQ HOLDINGS PTE.LTD.  https://www.atpress.ne.jp/news/119934
 
  
これにあわせて、サイトもリニューアル https://kamarq.jp/ となっていますので、ぜひご確認ください。
  
サイト内にはオウンドメディア『KQ JOURNAL』より「ROOMS&DREAMS」を先行掲載しています。
いま東京で輝くクリエーターによる、ご自身の部屋との関係性について語っていただいています。
  
  
さて、
何故この日としたか、と申しますと、
同日にアマゾンジャパンより発表となった Amazon Launchpad のサービス開始と日取りを合わせたからです。 https://www.amazon.co.jp/gp/launchpad/signup
  
 
スタートアップ支援グローバルプログラム「Amazon Launchpad」とは、Amazonが世界規模で、スタートアップに対して、迅速な販売開始やブランド構築、露出機会の拡大、グローバル進出をサポートするというもの。合わせて特設された「Amazon Launchpadストア」にて実際にamazonのプラットフォームにてスタートアップの製造したモノやサービスが販売されます。
  
18日の開業と同時にKAMARQをはじめとして、ほかMAMORIO、BONX、VIE STYLE…など15社以上の日本のスタートアップが参加し、ウェアラブルデバイスやスマートホーム、知育玩具など250を超える製品の取り扱いが始まっています。KAMARQの製品も一斉に並びました。
  
光栄なことにKAMARQのSOUND TABLEは、そのサービス開業にあたってのパワープッシュ製品に選ばれ、同サービスの記者会見においても、3社3製品のみのプレゼンテーションの一枠をいただける誉をいただきました。
模様は多くのメディアに紹介されています。そのひとつである、こちらのASCII記事をご確認ください。 http://ascii.jp/elem/000/001/420/1420208/
  
  
  
*******
  
  
また、この発売に合わせて、不肖加藤が推進役となって進めてきた【KAMARQの泊まれるショールーム】のポジションを目指した、AirBnB用のペントハウスを、ジョホールバルに開業いたしました。
  
様々なタイプのSOUND TABLEはもちろんのこと、Arm Chair、 Benchを中心にKAMARQの製品を直に体験出来ます。
   
ここは話題のレゴランドマレーシアまで車で5分、フォレストシティの建設予定地まで20分の好立地となる、高級住宅エリアEast Ledangの真ん中に位置しています。シンガポールの中心エリア(CBD)からも60~90分です。
    
こちらについては、アセナビ様に開業レセプションパーティの模様をご取材いただいたので、その記事をごらんください。
AirBnBのサービスは参画先 IKI LINKS"Little Japan" が担当いたします。
  
  
■ KAMARQがインドネシアとジョホールバルから起こす家具のIoT革命!Airbnbでその実力を体験してみよう! 
 
 
 
そう、KAMARQは「あなたの世界を広く」します。
ぜひ体感してください。