東京一ヶ月経過。年内は家業25Maruichiグループを軸にした活動に。

2020年8月3日

2020年も8月を迎えました。東京はようやく梅雨明けとなり、夏らしい陽気が追いついてきています。

2月21日からずっとシンガポールの自宅に籠っていた僕が、東京と千葉の県境の某所に自主蟄居してからも一ヶ月経ちました。最近も日々、江戸川区の中川沿いを走っております。

 

果たして…いつ頃、クアラルンプール/シンガポールに入れるのか、入るべきなのか、今のところまったくみえません。もしかしたら、年内はずっと東京にいることになるかもしれません。

骨髄由来の間葉系幹細胞:金太郎®細胞の点滴投与のご案内については、多くの皆様からご関心を頂いており、状況の好転を祈るばかりではあるのですが。

*******

今日8月2日はといえば、このブログをアップしてからは宇都宮に向かい、取締役を務めるアルビレックス新潟と栃木SCとのゲームを観戦します。
もともと8月は来週末8日の新潟での大宮戦、15日の岡山戦にあわせて移動して、前後に新潟・燕三条や大阪・津山と訪問し、諸々のしごとに取り組むつもりでした。
が…昨夜、両方とも見合わせることにいたしました。ここ2週間の感染者増や、東京からの移動を鑑みると、この先2週間くらいは様子を観たほうがよさそうという、率直な気持ちからです。

とはいえ…親父の初盆でもあり、この時期に大阪にいけないのはつらいものもあります。

 

********

弟から家業を継いで3年経ちました。

まだまだ落ち着いたと言える状況ではないですが、日本法人側にて、構想から1年以上準備した理美容シザーのレンタル事業 ToGEAR® もらえるシザーレンタル https://ToGEAR.net  が順調に立ち上がってきました。

シンガポール側の金太郎®細胞の事業が停止せざるを得ない状況下でもあるので、日本のシザー事業については年内には事業成長のパターンを掴みたいと思っています。

■ ToGEAR® シザー研ぎ  https://ToGEAR.jp

■ 高即® シザー買取  https://buy-scissors.com/

新コロ禍ではありましたが、僕のポートフォリオの基盤である コンタクトレンズ越境EC:LENS MODEグループはメンバーの奮闘努力によって、シンガポール、バンクーバーともにどの商圏も(3-5月、物流が滞りましたが)大きな落ち込みを回避することができました。

ウミガメを期すスタートアップの資本と経営の参画については、昨年より新規検討を止めております。

年内は、これまでの9年で参画してきた会社の行く末をしっかり見守りつつも、できる限り家業グループの運営(理美容シザー事業、幹細胞事業、SMS247)に手間隙を充てる所存です。