<< 世界一周1日目(5月11日)|自分史上いちばん長い日 | home | 世界一周4日目(5月14日)|ペルーの日本人、そして日系人 >>

世界一周2日目(5月12日)|インカコーラはドミナントでガリバー


一夜明けて、リマの朝はNovotelのビュッフェから。これが美味しい。
いやぁリマっていいな。(単純ですいません)。

そして一時間ほど地下のジムで柔軟体操。いやーなまっています。こりゃ不味い。

実はわたくし、15日日曜日にadidasがメインスポンサーのリマ・マラソンの10Kmロードレースに参加するのです。が、、06年に東広健保の皇居マラソンに出て以来、10kmも走ったことがないのでかなり心配してまして、今日から毎日午前はジムで柔軟することにしました。

さて午後からは、リマ市内の視察へ。

まずアテンドしてくれている松岡くんのオフィスに寄った後、海辺のおしゃれCafeでチリ料理のビュッフェ・ランチ。



こちらから眺める海岸ではサーフィンしている人多数。ペルーは、サーフィンの南米におけるメッカなんだそうですよ。

さてチリ料理なんていうから、なんか民俗的かつプリミティブな大味系かな、と思いきや大違い…いちいち旨いヂャマイカ。
アメリカ大陸津々浦々の事情に精通している松岡君いわく「チリは南米で一番メシが旨い」



なるほど。昨日の和食の富士でもそう思ったけど、おさかなが美味しい。

実はペルーの漁業は世界第 2 位の漁獲高※を誇る!そうで、納得。海産物豊富なわけです。(※魚粉生産が中心)。

ムラサキトウモロコシでできたチチャモラーラってぶどうジュースみたいなスイーツ飲み物も飲んでみたりしたのですけど、
とりわけ驚いたのが、このインカコーラなる黄色いソーダ。


なんとコカコーラが販売されている世界の市場の中で唯一!、そのコカコーラより炭酸清涼飲料水カテゴリでのシェアが高いドリンクだそうです。

そのコカコーラとインカコーラの市場競争の歴史はとてもエキサイティングだったそうで、ハーバード大のマーケティングの教材にもなっているそう。

…その結果、The Coca-Cola Companyが近年買収したそうですwww。

実際、周りの席の人々もぐいぐい飲んでる。
で実際のんでみたら、味は「渡辺ジュースの素」のソーダ割りみたいでしたけどね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こういったアッパーな感じのレストランに来ているのはだいたい欧州由来の白人の皆さま。(ペルーは16世紀以降スペイン領だったので、今も上層クラスの皆さんはスペイン系が中心。ペルーの公用語もスペイン語)

現在のガルシア大統領は、任期5年の大統領を今年7月まで務めていた方なのですが、積極的な外資進出を容認している人だそうで、リマの街中では、多くの欧米+韓国台湾のメジャー企業の看板や店舗を見かけることが出来ます。

外資容認…なるほど。

進出しているのは欧米の大資本だけでなく、こういったレストランやスーパーマーケットは、歴史的に仲の悪いお隣のチリ資本がバンバン展開(或いは積極的なM&A…)しているそうです。



ペルーというとマチュピチュのイメージがあって高地で空気薄いのかなぁ、と思っていたのですけど、実際にはリマは海抜は低く湿度も高いです。

ただし、赤道が近いにもかかわらず、フンボルト海流の影響で海温が位置年中低いこともあって、ここリマ市街は5月〜12月までは毎日ほとんど曇り(雨は降らない)そうです。

あとは霧が激しいそうで。…確かに、シアトルを思わせる風が海から来てますた。

ああ、もう眠くなってきたので続きはまた明日。
 
Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://katou.jp/trackback/272
<< 2018年06月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner