主体的にやりたい、深く関わりたい と感じた商売への参画について

 

過去に草創期から個人として株式を取得して、その後上場を果たした会社が9社あったが、そのすべてのケースが、経営者がイケている と感じた会社だった。
   
・インターキュー (現・GMOインターネット 9449 東証一部) 1999年8月 JASDAQ上場
・ディジット(後にSBIホールディングスと合併  8473 東証一部) 2000年9月 ナスダックジャパン上場
・まぐクリック (現・GMOアドパートナーズ 4784 JASDAQ) 2000年9月 ナスダックジャパン上場
・おりこんダイレクトデジタル(現・オリコン 4800 JASDAQ) 2000年11月 ナスダックジャパン上場
・テイクアンドギヴ・ニーズ (4331 東証一部)  2001年12月 ナスダックジャパン上場
・デジタルアーツ (2326 JASDAQ) 2002年9月 ナスダックジャパン上場
・DeNA (2432 東証一部)  2005年2月 東証マザーズ上場
・ザッパラス (3770 東証一部)  2005年5月 東証マザーズ上場
・ソーシャルワイヤー (3929 マザーズ) 2015年12月 東証マザーズ上場
 
 
うちディジット、おりこん、ソーシャルワイヤーはエンジェル投資(出資)したタイミングで本体もしくは子会社の役員にもなってる。
 
 
もちろん出資時に、商売の内容もいいなー、と思った会社もあったけど、
この9社の中だと、それ感じたのは、インターキューくらいで、あとは(出資時の)商売の内容自体にはピンとこないものが多かった。
 
 
  
***********
 
僕はNIKKOを退きシンガポールに移って以降は、エンジェル事業家として、スタートアップの資本(マイノリティ株主)と経営(取締役)に参画してるけど、
 
これまでの
経営者がイケてる と感じた会社、
商売がイケてる、と感じた会社 への参画とは、別の価値軸で
  
僕自身が主体的にやりたい、深く関わりたい と感じた会社(商売)にも参画している。
これは2011年以降に採るようにした新しい選択肢だ。
 
 
具体的にいうと、 いまの参画先のなかでは
・Duckbill Entertainment PTE LTD
・Sanctuary Asia Holdings Pte Ltd
・株式会社DELLA
・ゴマブックス株式会社
 
が其れにあたると思う。
 
これらのなかには、商売としてはどちらかというと(どれとは言わんが)イケてないのもある。笑。 
 
 
 
自分が、創り手として、
 
創りたい映画・映像をつくるために、
創りたいシェアハウスをつくるために
創りたい名刺入れをつくるために
創りたい書籍をつくるために
 
これらの会社に、自らのリスクをとって、参画している。
だから出資してるのは、むしろ自分のわがままを貫くための参加費くらいの勢いだ。
 
(そういう商売に参画するようになったのは、上手くはいかなかったけど、satisfaction guaranteedに混ざったことが強く影響してる、と思う。)
   
   
 
昨年6月30日付で、資本と経営に参画した
・株式会社ネクストレージ は、
自分が、創り手として、
創りたい【シェアリングエコノミーなウェブサービス】をつくるために参画した会社。
 
で、なかなかどうして、サービスローンチに時間がかかってる。
3月までに公開できるかなぁ。
 
  
上記の4社もネクストレージも、自分の創造欲の延長上なので、想いが前のめりだし、ライフワークっぽくなってくると、商売としてしっかり儲ける・利益を出すってあたりに、揺らぎやブレが生じないかが気がかりだ。
 
 
でも、モノやコンテンツ、サービスを創るって関わり方は、
 
己の生き様や価値観に向き合う醍醐味がある、と感じてる昨今である。
  
Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

謹賀新年。起業家は新しい商売と雇用を創造できる!YUYUに参画します!

  

  

あけましておめでとうございます。
   
ずいぶん遅い書き出しとなったことを少しだけお詫びいたします。
   
実は、松の内からつらつらと、 年頭にあたり、何を改めて書きたいか考えたわけですが、、  
 
やっぱ『起業家は新しい商売と雇用を創造できる』ってことなんですよね。
  
この何年か前に書いた↑ブログにも残しているように、僕がずっと信じてきたことは『既存の産業界に新陳代謝を促すことで、私たちの社会を活性化することができる。』ということです。
 
新年からエントリを読み直し、自らの轍と現在地を取り戻しましたYO!
 
  
  
***************
  
さて
とはいえ、昨年はあまりにも、現在の参画先のいくつかが、足元おぼつかない感じになったことで、情けないのですけど自分のなかで非常事態宣言が発令しました。
  
これに伴い、
9月に入って、『当面 新たな資本と経営への参画を見合わせる』ことを決めました。
  
  
実際に6月以降は新規での参画は検討していないのですが、
一社だけ、資本と経営に参画した会社があるのでご報告いたします。
 
  
僕が参画したYUYU Holdings Pte Ltd は、こちらの現在ミャンマーで展開しているメイクとヘアアレンジの情報サービス YUYU Beauty を運営しているミャンマー法人の100%親会社として、昨年末の12月12日に新規設立いたしました。
  
YUYU Beauty は、女性のメイクとヘアアレンジのハウトゥに特化したサービスを行っています。
いまやミャンマーの若年層にとってはまさにライフラインとなっているFacebookでは、100万人を超える『いいね!』(2017年1月1日現在) https://www.facebook.com/yuyubeauty.myanmar/ が集まっており、直近ではFacebookの投稿毎だと大体10,000~20,000UU、デイリーで見ると60,000UUがコンスタントに出ています。(Facebook月間リーチ1,800万)
僕が面白いなー、と思っているのは、通信インフラが貧弱な、ミャンマーの状況にあわせ、ひとつひとつのヘアアレンジやメイクを【動画、写真、文字】3通りの表現で伝えているところです。広く支持を得ているいちばんのポイントではないか、と感じています。 
  
  
同社の代表であり、創業者の赤星結花さんと、僕が知り合ったのは、2013年5月14日。3年ぶりにヤンゴンに出向いて、そのあまりの変貌ぶりに度肝を抜かれた…そのときでした。
  
そのときの彼女はてきぱきと実務をこなす在ヤンゴンの会社員でした。
  
(ちなみに、その前日には いまの参画先ビットバンクの中核メンバーである 三原弘之さんとヤンゴンで逢っていましたww!。楽天新卒の彼は、参画先ラングリッチのインターンを離れ、このとき単身潜伏5か月!。当時ヤンゴンにて起業を模索していたのです。よくやった。 https://www.instagram.com/p/ZQHlhhizSr/ )
  
その後
日本に帰国した彼女を、僕は参画先ゴマブックスの社員として紹介し、編集・販促のメンバーとして大活躍したのですが、
彼女自身のヤンゴンへの想いは強く、その後、退職し 現在のYUYU Beautyの起業に至ったわけです。
 
 
このたびのシンガポールでの持ち株会社の設立の、意味のひとつに周辺国への展開があります。
現在、ミャンマーの若者にバカ受けしているYUYU Beautyのコンテンツを横に展開していくにあたり、東南アジアのハブであるシンガポールにその軸を置こうということです。
シンガポール法人に持ち株会社をつくったことで、ミャンマーとは異なり、バリエーションをつけた(株価を変えた)新株の発行ができることは、広く資金調達が募り易い強みも得られるでしょう。
  
  
  
***************
  
と、いうことで、
今年2017年も、これまでの8年半同様に、いまも目の前にそびえる課題!の ウミガメつくりに取り組んでいこうと思っています。
  
宜しくお願いします。
  
Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年04月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
日々思うところ 数多あり
PROFILE
Instagram
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner