<< なぜ絶頂期を過ぎた人がその道に在るのか。 | home | アルビレックス新潟サポーターの皆様向け『見せアンダー』シャツプレゼントやってます。 >>

KLにてKINTARO細胞のご案内を開始しました。オンライン勉強会もやってます。

 

2019年2月19日、長年のお付き合いである菅生新さん(あの実力派若手俳優の実父としても有名な御方♬ )が主宰する異業種勉強会『サクセスファイター東京』に演者として招かれ、70名を前に出力120%でウミガメ講演を90分一気にお話しさせて戴きました。そうそう、奥方の菅生好身さんが当日の模様をブログに纏めておられます。https://ameblo.jp/winlife88/entry-12441455013.html 弟さんたちも男前ですよね。

 

講演後、菅生さんがお聴きいただいた皆様を見渡しながら、次の懇親交流タイムがより実り多きものになるようにと、参加者の特長や近況をおひとりずつ紹介!されたんですけど…なかに非常に気になるスペックの方が居られました。曰く「若いロシア人の幹細胞を培養して若返りする金太郎細胞を製造している小林さんです」と。

 

え…なにそれ面白そう。一通りの紹介が終わり懇親会タイムになって早々、僕は乾杯の発声を待たず、その方面にまっしぐら。「強い関心があるので是非お話を聞かせてください」とご挨拶。翌週早々にアポを取った僕は小林さんから彼らが展開する「KINTARO細胞」事業についての説明を受けたのでした。

 

要点をまとめると、

・ロシア発祥の技術と実績をベースに、日本の高度な培養技術で品質を高めた間葉系幹細胞が「KINTARO細胞」。https://kintarocellspower.co.jp/cell_information_2.html  疾病の治療や予防、手術後のリカバリーなどを目的とした骨髄由来の間葉系幹細胞。

「KINTARO細胞」を使い、身体の一部の再生や機能の回復を目指す再生医療を行う体内にある臓器や組織を再びつくり出し、その機能を回復させていくことが目的。

・脂肪由来の幹細胞のように、本人から採取する自家細胞でなく、20歳代の若く健康体のロシア人ドナーの他家細胞を使用。施術費用は一回投与で230万円。  

 

やはり超興味深い。しかも社長も、骨髄液のドナーも、ロシア人てのが痺れます。しかも現状、日本では「KINTARO細胞」の施術は実施していない、と言うのです。

 

それじゃあ何処で施術してるの?と訊くと「マレーシアのクアラルンプール(KL)です。」

えー!僕の「面白そうレーダー」が思い切り右側に振り切れたのでした。とにかく、やってみようと。それに3月8日ならロシア人社長グラドコフ アレクセイ氏がKLに別件があって来るらしい。じゃ、その日に行こう&で施術を受けよう、と即決。

 

とは言え…漠と知ってはいたものの…僕はこれまでの四半世紀、創薬系/再生医療系のスタートアップへの投資は畑違いと避けてきたこともあり、圧倒的に知識が足りません。シンガポールに戻ってきてから翌月8日まで、空いてる時間の多くを其の辺りの勉強と界隈のヒアリングに費やし、社長との面会&「KINTARO細胞」の静脈経由の点滴注入に備えたのです。

 

で、当日。KLとシンガポールの間は実質飛行40分程度の近さです。KLの金太郎Cells Powerオフィスに着いて、グラドコフ アレクセイ社長と初対面。「これまでに1700人以上の方々に接種してきた」など重要な説明を伺ってから、施術室に移動。

 

アレクセイさん自らアンプルに入った…2週間かけて培養された僕用の「KINTARO細胞」を示してもらい、それを点滴袋に注入。看護婦の方が右手の肘の静脈にその点滴を注射して、約40分で施術が終わりました。そうかぁ…多くの人に同基準・品質一律の間葉系幹細胞を接種してきたんだね。なんか親戚が一杯できたみたいな感覚になりました。

 

間葉系幹細胞というのは身体の組織や臓器へ変身していく細胞のこと。誰しも体内にある間葉系幹細胞の数は出生時が最も多く、年齢を経るごとに減っていきます。生まれたときを100%とすると、10代で10%、30代で4%、50代で2.5%、80代で0.5%と減少していくそうです。そんな老いていく身体に、20代の若く健康体のロシア人ドナーから採取し培養した「KINTARO細胞」を注入するわけです。則ち、これはアンチエイジング(抗加齢)というよりもrevitalizing(若返り)、と感じました。

 

金太郎Cells Power社では日本では「KINTARO細胞」の静脈点滴の施術を行っておらず、日本国外の代理店を通じて提供しているということ。

それは仕組みが僕のやってるコンタクトレンズの越境EC、LENSMODEみたいだな、と思い立ち、家業である丸一興産から同社へ資本参画→アレクセイ社長に次ぐ第二位と株主になると同時に、僕の営むシンガポール法人ToGEAR Pte Ltdで代理店契約を結びました。7月からはオンラインにて間葉系幹細胞治療や再生医療についての勉強会を実施しています。 → https://kintaromsc.com/pages/anti-aging?ls=ja

 

気になる効果ですが…僕は眠りが深くなりました。これが嬉しい。あと血圧と尿酸値がかなり下がりました。凄いことだと思うと共に、感想としては『高級な にんにく注射』のようなものだな、と。

とにかく僕の身体の調子が良いので、今月は実母と実弟にクアラルンプールまで来てもらって投与したばかりです。皆さんもぜひご注目ください。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://www.katou.jp/trackback/658
<< 2019年12月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner