【緊急告知】1月18日 メルカリ会長・鹿島アントラーズ社長 小泉文明さん 特別講演会です。

 

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 

気がつけばもう、松も明けて14日ですね。正月気分もとっくにないというか、逆にシンガポールはあと10日もすれば、旧正月を迎えるので、それこそこれからが本格的なお休みモードとなります。

 

さて!突然ですが、4日後の18日午前10時半~12時に、メルカリ会長・鹿島アントラーズ社長 小泉文明さん 特別講演会が、シンガポール最大の在留邦人向け情報誌Singalifeの主催で行われます。

 

 

加藤がモデレータを務めさせて頂く光栄に浴すことになったのですが、

 

本日14日、同社の飯田社長とお打合せに出向きますと、、なんと!僕が小泉さんとやりとりしながら、対談式でご講演を進めるスタイルとなる、ということが判明しました。

 

そこで当日は、飯田社長が事前にご用意されているアジェンダで進行しつつも、皆さんに成り代わって不肖加藤が気になってるあたりをご質問して、お答えいただくような型で約80分を進行しよう、ということになりました。

 

で!折角なので、先ほどまで飯田社長と打ち合わせたご質問の内容をここに公開いたします!。

 

 

たぶん…このご質問にズバリお答えいただけることと存じますので、ぜひ小泉さんの口から直接に聞きたい!という同志の皆さんは今すぐチケットサイト(peatix)の <お申込URL>からお申込みくださいませ。

 

https://singapore-seminar2020.peatix.com/

 

****************

 

 (第1部 ) メルカリの立ち上げ期から上場まで

 

先ずは、2013年2月の設立から、上場までの歩みをでご紹介いただき、小泉さんの自己紹介、そして同社ジョインの経緯、役割の変遷についてもお聞きしたいと思います。

 

そのうえで 以下2点について掘り下げたいと思います。

 

* メルカリのサービスそしてプロダクトの強みを教えてください。

 

幹部そして新卒人材のレベルの高さが定評ですが、上場以降は株式・ストックオプションなどのインセンティブが弱くなってきてるようにも感じます。これまで以上に強い組織、高い人材レベルを維持向上していくためにどのような施策を採られていますか。

 

小泉さん自身もミクシィCFOからの御転身ということに代表されるように、同社には立ち上げ期からネット・ITサービス界隈のけっこう知られた実力派マネジャー、エンジニアを積極的にスカウトしてきた経緯があります。また新卒採用にもたいへん注力されて、他社と取り合いになるような優秀な人材を好待遇で集めてきたことでも知られています。今後のHR指針が伺えれば、と思っています。

 

(第2部 ) 現在と世界戦略について

 

* 現在の米国市場への取り組みについて教えてください。またどのような勝ち筋シナリオを考えておられますでしょうか。

 

* メルペイの現況をどのようにとらまえていますか。また今後、メルペイが日本市場で勝つために現在の取り組みを教えてください。

 

*  年末に「大手傘下に入らず、自社が持つ独自データの活用やスマートフォン決済などを軸に提携戦略」をとるという山田CEOのインタビューが出ました。報じられた「2次流通データビジネス」含めて、今後の成長戦略をきかせてください。

 

昨年末、日本経済新聞に9月末からの新体制にて、社長に就かれた創業者:山田進太郎さんのインタビューが掲載されました。

メルカリ「大手傘下に入らず」 山田社長「提携はオープンに」 独自データを活用 

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53668670R21C19A2EA5000/ 

 

欧州拠点だった英国法人の撤収、そして苦境が伝えられている米国事業の状況や、ヤフー改めZホールディングスとLINEの経営統合などのペイ競争の戦況の変化、など… ネガティブな見方もされがちな昨今ではあると思いますが、ぜひ小泉社長からそんな中での勝ち筋といいますか、今後の打ち手について語っていただければ、と思っています。

 

 

(第3部 ) ”鹿島アントラーズ”等のシナジー戦略について

 

鹿島アントラーズ株式61%を16億円、と金銭的にはかなりリーズナブルな取引だったのではと思っています。なぜ今回の株式譲渡が実現したのか、買い手当事者としての所感をきかせてください。

 

* メルカリと鹿島アントラーズに今後どんなイノベーションをつくっていくのか、ケミストリーがあるのか、社長としての腹案を教えてください。

 

 個人的に昨年もっとも驚いたというか、感心させられたディールが メルカリによる鹿島アントラーズの買収でした。ある意味で三方よしというか四方よしというか、関わる全ての納得がないと成り立たないようなJクラブの親会社移行を見事に為された小泉社長。後半ではぜひそのあたりの胸の内もお聞かせいただければ、と思っています。

 

 

ということで土曜日午前

皆さま 会場でお会いしましょう!。楽しみにしています。

 

 

※ 既に僕のfacebookやtwitterの告知経由で、チケットサイト(peatix)にてご購入しているぞ!という方は、すぐにpeatixのDM機能もしくは、イベントページ内概要に記載の問い合わせアドレス(info@fiftyonemedia.com)、に連絡頂ければ対応してくださるようです!。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) -

RainbowSmile.jp シンガポールのサプライズ演出スタッフを募りまーす♬

 

 

昨2018年の夏にレインボースマイル RainbowSmile PTE.LTD.という会社をシンガポールに設立しました。

この会社は、2013年から余伍浩子さんが営んでいたサービスを、シンガポールにて法人成りしたものです。https://www.rainbowsmile.jp/ 僕は在住Directorを務めております。株主にもなっています。

 

去年9月にこのブログ http://katou.jp/?eid=629 で紹介した際にも書きましたが、僕はこのサービスを【ハワイで、人にビックリ仰天で嬉し泣きしてもらうためのサービス】と解釈して、日々取り組んでいます。最近のご依頼人はパートナーの方からだけでなく、お子さんのバースデイパーティやご両親の周年祝宴の嬉しい演出をご一緒することも増えてきました。

 

で・・・ここで皆さんにお知らせというか、募集です。本社のある此処シンガポールでも、ハワイで5年間やってきたレインボースマイルを立ち上げたいのです。

そう!あなたもサプライズスタッフをやってみませんか?

 

レインボースマイルではご要望に応じて… 依頼人のたいせつな人にビックリ仰天を提供するために、

 

こっそり居ない間のホテルの客室に入っていって、ルームデコレーションをしたり、

 

前もって約束の地に出かけていき、ピクニックの段取りや、サプライズプロポーズの準備をしたり、

 

突然に家族のお祝いの席を盛り上げる サービスをしています。

 

あ、サプライズの種類はハワイだとこの形ですが、シンガポールだと全く新しいパターンが生まれるかもですね。その辺りも一緒に作っていける方だと素敵です。

 

依頼人たちの居ない間に、お部屋を訪ねていって、手際よく、かっこいい、カワ(・∀・)イイ!! お部屋のデコレーションをするプロフェッショナル(になりたい方)とお仕事をご一緒していきたいので、

ひとつひとつのミッション(依頼人にとっては一生で一度きりのイベントも!)を、ワクワク楽しんで、ちゃんと絵的にもこだわって(デコレーションは見た目がだいじ)、丁寧にやっていただける方と巡り合いたい、と思っています。

 

英語や中国語など、語学力の高い方もポイント高いです〜。今後は依頼人を日本人以外も狙っていけたらすごーく良い!と思っています。依頼人からのハワイでのお仕事をシンガポールから手伝ってもいただくこともありそうです。

 

********

もちろんシンガポールという国では、レインボースマイルで働いてもいい人には前提条件があります。

 

(ここで照沼さんの丁寧な解説をどうぞ。|シンガポールの就労ビザについて https://www.sds-singapore.com/steps/visa.php )

 

僕のようなシンガポール永住権(PR)保持者、もしくはシンガポール国籍保持者、

自ら起業して、自分にEP:Employment Passを出している方(=自営業者)、

の皆さんには真っ直ぐに挙手していただいて、問題ございません。

 

一方で企業からの就労ビザを受けている人 =すなわちSパスまたはEmployment Passで就労している方はご一緒することができません。

 

Dependant's Pass(配偶者ビザ)と言われるビザをお持ちの方で、良い方との御縁があれば、ぜひ会社としてLOCの発行をしたい、と考えています。

就労ビザを所持している方の配偶者及び21歳以下の未婚で法律上子供にあたる方に対して発行されるビザ。このビザの保持のみでは、シンガポールに滞在することはできても就労できません。)

LOCとはLetter of Consentの略で、Employment Passの配偶者としてDPを所持している方、またはシンガポール国籍/PRを持ってる方が、レインボースマイルに限らず、シンガポールの法人で働く際に必要になる許可証です。

 

ぜひ奮ってご検討ください。ご連絡はこちらまで ! → info@rainbowsmile.jp

 

 

なぜ僕がこの会社に参画したのか、どんな狙いなのか、ってあたりは3月にLEONのコラムで書かせてもらいました。こちらも併せてお読みいただければ嬉しいです。

サプライズ演出研修ってことでオアフにも行けるような気がします。楽しみになってきたでしょ。でしょ。

 

■ 1999年の“予言”が20年後に的中!? 大橋巨泉の「幸福論」【加藤ポールの「激動の投資家人生」 vol.22】 

https://www.leon.jp/lifestyle/10938

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2020年02月 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner