<< 雑感 | home | 東京でラジオ2番組に生出演してきました。聴けます → >>

2019年の『恋するミナミ』アンコール上映は「生コメンタリー」トークつきです!

2013年の年末から翌2014年1月まで全国劇場にて公開した、映画『Fly Me To MINAMI 恋するミナミ』、おかげさまで今年もまた大阪で上映させていただけることになりました。


2014年からやっているのでアンコール上映も、 リム・カーワイ監督、予告編を制作した田中泰延さんと三人で行っている舞台挨拶も…もう続けて6年目になります。

こちらは一昨年、昨年とアンコール上映を興行してもらった、大阪ミナミのど真ん中「アメリカ村」の映画館シネマート心斎橋での上映当日の模様(2017)の記事です。 http://www.cinepre.biz/archives/23190

去年は、LEONにて連載していたコラムにて、この作品を創ることになった経緯などについて、僕も書かせてもらいました。

* SNSがきっかけで“映画”を製作することに!?【vol.06】加藤ポールの「激動の投資家人生」https://www.leon.jp/lifestyle/9712


シネマート心斎橋での興行にあたり、配給元Duckbill Entertainment と劇場の間に入ってくださっていたのは、上記のアンコール上映の記事が掲載されている映画情報サイト『キネプレ』の森田和幸さんです。(右。写真は2018年のアンコール上映時)

森田さんには、2013年3月の大阪アジアン映画祭のワールドプレミア→12月の封切から、この作品を追ってくださっており…年末のアンコール上映の度に記事にしてもらっておりました。…そこで、シネマート心斎橋での上映を実現するにあたり、骨を折っていただいたのです。


去年10月15日、アンコール上映の企画を森田さんと進めていた僕が大阪で時間が出来そうだったので、いつものように田中さんに声を掛けたら、twitterで飲み会の参加者募ることになり、果てに集合場所のスナワチでこんな団体となり、そのまま中華料理屋にて酒盛りとなったんです。   

 

その場にて、僕からリム監督、田中さん、そして森田さんにご提案したのが、「生コメンタリー上映」

すなわち上映中の映画本編をみんなで観ながら、三人で往時のエピソード、撮影の裏話をそのままお伝えするというイベント上映でした。

なだれ込んだ中華の席では、このアイデアについてかなり盛り上がったのですが、残念ながら諸般あり昨年の上映では実現しませんでした。


そこで!、今年はそれを、森田さんが店長をされている 大阪・天六のブックカフェバー「ワイルドバンチ」にて実現することになりました。

【12/28(土)夜】映画『FLY ME TO MINAMI 恋するミナミ』年の瀬トーク付上映&パーティイベントを開催!  http://www.cinepre.biz/archives/25456 (← お申込みもこちらからとなります。)

* 映画の公式サイトにも掲載いたしました。 http://flyme2minami.com/news/

リム監督、田中さんと、森田さんと、そして皆さまとワイワイお話しして2019年を締めたい、と思っております。


ぜひ年の瀬、大阪にお越しください。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://katou.jp/trackback/666
<< 2019年11月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner