日本人よ、中国からの観光客向け商売を


外務省は7月1日から中国人個人観光客向けの査証(ビザ)の発給条件を緩和します。
遂に!やってきます。日本のインバウンドビジネス黄金時代が。

日本の観光産業の皆さん、これから観光産業に参入を検討される皆さん、いまからでも決して遅くありません。 勝機あり、と敢えて煽りたい。

僕は この10年で日本はアジアナンバーワンの観光国になるべきだと思っています。

日本が中国人観光客へのビザ発給を大幅緩和、4億人が対象へ

政府は中長期的に観光立国を目指しており、訪日外国人を2013年までに1500万人、2019年末までに2500万人を目標(09年実績の約3.7倍!)としています。

観光庁長官の溝畑宏氏は4月に北京で開いた観光産業の説明会で、2500万人達成には中国からの旅行者を6-800万人にする必要がある と発表した模様です。

外務省によると、09年の中国からの訪日人数は101万人。となると、この10年で6-8倍となる計算ですが・・僕はこれは十分に可能な数だと思います。

これまでの日本向け個人観光ビザの発行基準は年収25万元(約330万円)以上。それが、この7月以降の規制緩和で官公庁や大企業の課長級以上の層や、クレジットのゴールドカード保有者などが追加対象となりました。これにより中国人のビザ発行対象数が従来比10倍超の1600万世帯まで拡大することになるそうです。

梅田が、心斎橋が、表参道が、銀座が、秋葉原が、、、中国からの観光客で溢れかえっているさまが観えてキマスタwww。

もちろん中国からの観光客だけじゃありません。この勢いでアジアが成長していけば、近未来はASEAN各国やインドからの観光客でごった返す可能性も大いにあります。

いやぁ・・・それにしても東京や大阪が英語もマンダリンもほとんど通じない今のまま、中国人だらけになればどうなるのでしょうねぇ!?。

まさに、今こそどんな商売が必要になるか 考えるべきだと思いますよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ところで英国では 国民の75%海外移住を検討しているという仰天記事がでました。

あ、もちろん日本は上記で指摘したように観光地としては栄えるとは思いますが、いっぽうでビジネスの環境などが悪すぎて、外国人の移住先 としては現状はもちろん最悪状態ですねorz

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

カジノ そして公営ギャンブルの目的

 
シンガポール政府が2005年初頭に発表した国内観光振興の10か年計画である「Tourism 2015」。今年2010年はちょうど折り返しの年となります。

この計画には2015年までにシンガポールへの訪問客数を05年の894万人の倍の1700万人へ、観光収入を05年の108億Sドルの3倍の300億Sドルとすることが明記されています。目標では重点分野が3項目が定められ、これまで積極的に取り組まれてきました。
‥玄┣顱国際会議の誘致     (以前も触れましたが・・いわゆるMICEですねぇ
多くのレジャー体験ができる観光地域の造成
6軌蕕箘緡杜琉茲砲ける優良なサービスの提供

この3項目の目標(特に◆砲魏未燭垢戮、、、
05年に計画された2つの総合リゾートが本年になって相次いでオープンいたしました!。

それが、1月にオープンしたマレーシアの総合レジャー企業ゲンティン・インターナショナルによる
リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)』。
そして4月末にオープンした21世紀になってから現れた!カジノ王シェルドン・アデルソン氏率いるサンズによる『マリーナベイ・サンズ』です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
で、小生も行ってきましたよ、二つとも。
まずRWS。シンガポールの南下にある小さなセントーサ島に作られた総合リゾートです。
(セントーサ島、家族連れに超推奨です)

Universal Studios Singapore(USS) と5つのテーマホテル を核テナントに、実に様々なエンタテインメントが用意されています。もちろんカジノもあります。

僕はUSSの年間パスポートも買っちゃったので、皆さん是非ご一緒しましょうよ!。我が大阪のUSJとはかなり趣が異なります。最大の違いはライドもおみやげもキャラクター中心の大阪に対して、よりテーマパークとしてのストーリー性を重視した回遊路になってるあたりではないでしょうか。

かたや・・一時は金融危機の影響で破産か!?とまで噂されたアデルソン氏(孫さんにComdex社を売却してカジノ経営をスタート)のサンズ。とにかくシンガポールNo1の異形!。3つの建物を貫く空中庭園(SKYPARK)は一見の価値有りです。また世界に名を馳せる有名シェフたちの贅を尽くしたダイニングも話題。更にライオンキングも常設で入るそうで観劇も楽しみです。

そして先日、RWSよりもかなり広いというサンズのカジノに行ってきました。
デカイ! (平日の午後だというのに)ヒト多い!!

入場口からして もぅごった返していた わけですけど・・・驚いたというか納得したのが、ローカル(シンガポール国民)の量。ざ〜っと観た感じではありますが入場者の6割以上?!だったかと思います。

ちなみにRWSの運営会社ゲンティンの発表によると、オープン後の3月一ヶ月のカジノ入場者数は15万人だったそうです。国民比率はわかりませんけど、たとえ半分だとしても相当なものです。なんせシンガポールって、国民は約350万人しかいませんからね。2%ってことですよぅ 単純計算。

まぁもともとシンガポーリアンは、賭け事大好きな華人が大半なわけで。

だ・か・ら世界中のサッカーゲームやF1などに賭けられるマルチな販売所;Singapore
Pools
(その存在に、誰もが最初は驚きます)が街中に点々とあったり、競馬や麻雀など、もともとギャンブルの人気はかなりあるんです。

国民性をよく知る政府はヒートアップしたり中毒になったり※することを抑制するために、カジノ計画の発表段階で同時に政府はカジノ・コントロール法(THE CASINO CONTROL ACT)を制定しました。
そしてこれによりRWS、サンズともにカジノ入場に際し入場料を100Sドル(或いは年会費を2000Sドル)と設定。一定の抑止を図ったわけです。もちろん僕ら外国人居留者や観光客は無料です。
         ※ちなみに同様の事態を恐れた韓国のウォーカーヒル・カジノは国民は入れません。

ところが実際に・・・いまカジノのフロアを席巻しているのは、国民(ローカル)中心ぽいぢゃないですか! これは、、政府もある程度は予測はしてたと思うけど、頭痛いだろうなぁ。

両カジノがオープンしたタイミングで交通機関の公共ポスターやテレビ広告などで、反ギャンブルのキャンペーンを強化してきています。
が、この効果は・・あまりないかもしれません。さすがに入場料5倍にしたら地元比率減るかもですが。なんせ、みんなお金持ちですからねぇ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

すなわち国家にとってカジノとは、観光客を集め、消費を促し、インバウンドで外貨を獲得するための仕組みです。
言わずもがな、国民にお金を遣わせるためのものではありません。(シンガポール政府はこのカジノを含む総合リゾート計画でのGDP増を10億Sドルと試算) 観光振興のための有効策なのです。


ところが我が日本の公営ギャンブル(競輪・競艇・競馬・オートレース+宝くじ)、、、
そして(公営ではないけど!)パチンコは、日本国民のお金を巻き上げる自虐の仕組みのようにしか見えません。
もちろん外貨獲得はほぼ0と言っていいほど流入していないでしょう。
逆にパチンコに至っては一部が北朝鮮に流れています。しかも納税もほぼしていない!。トホホ

平和島、住之江、尼崎、中山、川口・・・公営ギャンブルのある街はどこか寂しく、訪れる人々の心を哀しくさせる雰囲気があります。
目を背けたくなるような身なりの人々が駅前から直行バスに吸い込まれていきます。街のイメージも下がり、結果として地価・教育レベル・人々の生活水準も下がります。
結局、ギャンブルが足元の近隣地域の人々を蝕ばんでいるから、街そのものが貧しくなっているように見えるのです。
いったい日本は公営ギャンブルで、ナニをしたいのか、僕にはわかりません。

超党派のカジノ議連、14日に発足 秋の臨時国会にも法案提出へ
先日こんな議連も出来たそうですが、カジノもいいけど、先ず公営ギャンブルの在り方について、根本的に考え直した方がいいと思います。


最後に あ!忘れちゃいけないのが「雇用の創造」ね。この効果は大きい。
2つのカジノ計画発表時、政府はこの総合リゾートの推進による雇用創出を3万5000人!!と試算していました。
そびえ立つ大盛況のマリーナベイ・サンズの威容を見上げるだけでも、この数字は裕に達成されると思いますた、ハイ。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年07月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner