ビットバンクにて仮想通貨の入門書を相次いで上梓いたしました。

 

2016年6月、オールスター的な書き手の皆さまに恵まれて、かなり難しい内容の『ブロックチェーンの衝撃』(日経BP)を編集制作し、世の中に『ブロックチェーン』『ビットコイン』についての革新性や近未来を提示させてもらった参画先ビットバンクですが、

2017年の瀬…12月になってから、同社より3冊の新刊を上梓することが出来ましたので、シェアさせてください。

 

1 『できるビットコイン入門』 (インプレス)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/429500295X/katoujpbooklo-22/

ビットバンクの発行するオンラインニュースメディアを担当する 真田雅幸、山崎大輔とシャチョー廣末紀之による共著です。ハッキリ言って良書、超推薦です。

僕が大学受験の頃に熟読していた、チャート式参考書を彷彿とさせるような…オールカラーで読み易く、できるシリーズのフォーマットの図解や例も豊富で、たいへんわかりやすい!と感じました。

 

 

2 『マンガでわかるビットコイン・仮想通貨』 (池田書店)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4262174662/katoujpbooklo-22/

COOを務める三原弘之による監修で、半分以上のコンテンツがマンガなのでとても読みやすくなっています。三原がえらくかっこいいです。

 

後半に登場する山崎大輔に至ってはかなりのイケメンにデフォルメされてるので、本書でご確認ください。でも年末に2か月ぶりくらいに顔をみたら…10kgくらい痩せてました。マンガに近づこうととしてるのかもしれません。良いことです。

 

 

 

3 『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』 (幻冬舎)

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B078KCPVYP/katoujpbooklo-22/  

こちらも廣末紀之によるものです。が!こちらの本は1月11日発売で、実はまだ目を通しておりません。

ただ…あの幻冬舎さんから出版されるので、期待させるを得ないわけであります。本人いわく『まさに入門書!』ということなので、まったく知識ゼロの方でもしっかりわかる仕上がりになってると思います。

 

 

***********

 

さて、ビットバンクが書いた各書籍に限らずですが、このように仮想通貨、ビットコイン、ブロックチェーンの入門書・解説書は花盛りなんですね。需要が顕在化している証左です。

 

そしてこの手の書籍は、ぶっちゃけ今!読まないと意味ないでしょう。

 

おそらくは来年2019年の今頃には、本書に書かれているような基礎知識は常識化しています。

その頃には需要も小さくなってるから、こんな類の本ももう出版されないでしょうね。

これ97〜98年のインターネット入門書ブームと全く同じ構図なんですよね。

 

そもそも不肖加藤が、友人の名波はるか嬢を巻き込んで「名波はるかと学ぶビットコイン投資入門」って入門書をゴマブックスで企画→出版したのは2016年5月なんですが、この本は、はっきり言って売れませんでした。笑。そう… きっと入門書出すには時期が早すぎたのです。実際、この時期に発刊になったものは本書に限らず、ほとんど売れてなかった。

 (逆に同時期に上梓した上級者むけの専門書『ブロックチェーンの衝撃』は10000部超の実売があったのです。韓国・台湾でも翻訳版が発売されました)

 

ちなみに僕が名波姫にこの本をやろうともちかけたとき、彼女はまったくビットコインのことも、仮想通貨のこともご存じありませんでした。 それがいまや自称ビットコインクィーンとして、各種メディア・セミナーで大活躍ですよ♪

◇名波さんブログ → 初めてのBitcoin(ビットコイン)〜実は私も、昨年までは初心者でした https://cryptoboy.jp/bitcoin-beginner/

 

その名波女王には、去年の今頃…躍起になってプロモしていた『若者よ、アジアのウミガメとなれ』の熱い書評も書いて頂いてます!  https://www.facebook.com/haruka.nanami/posts/1156146117767051  これからもよろしくね。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

ILS2017でエンジェル投資家対談、VC Meet Upやります。

 

第5回イノベーションリーダーズサミット ILS2017(10/23-25)の一般参加申込が始まり、骨太のプログラムが公表となりました。今年は不肖加藤がアドバイザリーボードを拝命しており、スタートアップも推薦しております。またプログラムにも参加いたします。

 

 

今から2000名だけ!本気の方は【参加費無料】ですので、ぜひ勢いで申し込んでください。

◆参加登録はこちらから

https://www.dreamgate.gr.jp/InnovationLeadersSummit/bc.php

 

ILS2017 開催概要

・日 時  :2017年10月23日(月) ・24日(火) ・25日(水)

・場 所  :虎ノ門ヒルズ (東京都港区虎ノ門1丁目23)

・参加費  :無料(先着2,000名)

・特長

【5000名+】5000名以上が来場するアジア最大のオープンイノベーションの祭典

【200社+】有望スタートアップ200社以上の最先端技術や製品デモン

【80社】大企業からの人気TOP20やNEDO選出など80社以上のベンチャーピッチ

【20+】大企業トップや日米の第一線のキーパーソンによる20以上のセッション

 

 

《加藤の参加するセッション 1 》

エンジェル投資家特別対談

”ベンチャーを急成長させるために経営者がやるべき事” https://www.dreamgate.gr.jp/InnovationLeadersSummit/vc_angel.php 

 

90年代以降の成功企業をゼロの状況から数万人規模になるまで数々眺めてきたり、自分も一緒になってスタートアップを起こし上場まで参画したり、スクラッチからヒトモノカネをかき集めるサポートしてきた登壇者が、ILSに参加するスタートアップや、それを支援する大企業のオープンイノベーション担当者が、シード〜アーリーで事業をスケールさせるところでいろいろ悩んでいるかもしれない! という… ILS主宰のご高配から実現した特殊枠です。 ILS2017のプログラム参加参加者はもちろんのこと、上記リンク先から一般参加券の無料チケットをゲットした方もご参加いただけるので、皆さま、ぜひ4階のホールBにお越しください。

相方は小学校の塾仲間という縁から、梅田で一目みかけてリョーマに引きずり込んで以来30年の松本浩介さんです。(参考インタビュー: http://www.nagakoshi.co.jp/contents/reports/interview007_1.html ) モデレータは”ASEANではたらくを近くするメディア” ASENAVI.com の長田壮哉さんにお願いいたしました。

 

 

《加藤の参加するセッション 2 》

VC Meet Up https://www.dreamgate.gr.jp/InnovationLeadersSummit/vc_meetup23.php

 

【VC Meet Up】というのは、日本を代表するベンチャーキャピタル各社とスタートアップ、ベンチャー(出資希望企業304社)とのマッチングプログラムです。今回、アドバイザリーボードとなった加藤より、事前にILSに参加されるスタートアップのエントリー情報を閲覧したうえでコンタクトし、持ち時間の間に「お見合い」する仕組みになっています。面白いですね。僕が各社の情報をみて、僕から関心があるのでお逢いしたいと連絡することも、その逆にベンチャーのほうからマッチング参加者専用ページから、直接予約があったりもします。当日は頂戴したお時間に会場に行くと、専用ネットワーキングブースをご用意されているので、そこで事前にコンタクトを取った方と個別にミーティングを楽しめるという良く出来た企画になっています。

 

しかし! 【VC Meet Up】と題されているのに、僕だけ 個人なエンジェル です。

このように三菱UFJキャピタル様とインキュベイトキャピタル様の間に挟まれてて…絵的に笑えます。 https://www.dreamgate.gr.jp/InnovationLeadersSummit/vc_meetup24.php

LENSMODEは営んでおりますが、かつて同社からスタートアップ、ベンチャーに出資したことはなく、これまでの20年、累計60社超はすべて個人での出資なのですけど 会社名ないと他の方とバランス悪いし、コンタクトレンズ通販の宣伝にもなるかな、と思って、LENSMODEとしましたが…異様な違和感ですねw。宜しくお願いいたします。

 

 

《加藤の参加するセッション 3 》

ネットワーキングパーティ

https://www.dreamgate.gr.jp/InnovationLeadersSummit/reception25_2.php 

 

25日の夜にあるやつに参加します!。見ず知らずの皆様、会場でお声かけてください!♪ 

 

 

***********

 

追伸;

運営のドリームゲートさんとは、2013年にインタビュー http://case.dreamgate.gr.jp/mbl_t/id=1606 していただいて以来のお付き合いです。この機会にお声を掛けて頂き光栄です。 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年01月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
日々思うところ 数多あり
PROFILE
Instagram
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner