リバーストンの取締役に再任となりました。がんばります。



4月19日、石川清雪さんとほぼ明け方まで呑んだのですが、 その場にて氏が代表を務める株式会社リバーストンの取締役に再任することが決まりました。  http://www.riverstn.com/ company.html


 

1997年11月30日付で退任しているので、18年半ぶりの復職となります。日本で広告の仕事をするのもNIKKO会長退任以来8年ぶりです。ワクワクしています。



**********

1992年8月、 僕は雑誌広告専門の広告会社として有限会社日広を創業したのです が…そのキッカケは単に広告主が2人いたからでした。 広告会社をやるのであれば、仕事あるよ、みたいな。


で…実際に始めたのですけど、いろいろとたいへんでした。 何故なら、当初は僕自身が雑誌広告、 新聞広告の素人だったからです。

そこで仕入れ先の情報から業界のしきたりまで、 共に学んだ相方が石川清雪さんでした。 学生時代に深くかかわっていた営利サークルSYNの仲間 http://takanoridayo.blog.shinobi.jp/Entry/194/ です。


彼はSYNをいつの間に卒業したあと… 同じように大学もフェードアウトして、1990年10月、 有限会社A.I.Qを設立していました。

同社は通販会社でスタートしましたが、 レディースコミックに広告を出すことで集客していた経緯から、広告代理業もやっていくうちに、 そっちが主業になった、という まぁ数多ある広告会社らしい創まりです。 僕は創業当時なんの実績もコネクションもなかった日広の仕事に平行して、紙媒体の取引口座を取り扱っていたA.I.Qの仕事もやるようになりました。


しかしながら’95年になる頃には、 日広の雑誌広告のお取扱量が月400ページを越えてきたので、 ほとんどA.I.Qの仕事には関われなくなっていました。
かたや唐突にWindoews95とともにインターネットが光臨し、 僕のアタマもココロもそっちにふれていきました。
A.I.Qとして出来ていたお得意先や仕入れ先の筋よりも、 日広としてパソコン誌、 インターネット情報誌の方角にシフトが進みました。

でも、なんだかんだ付き合いは続き、有限会社A.I.Q 改め 株式会社リバーストンの取締役は’97年の秋まで続けていたのです。


**********


その後…2000年にかけて、 日広はパソコン誌の広告取扱から、 インターネット広告へ大きく河岸をかえていったのですが、

NIKKOから退いてからも、 最盛期をとうに過ぎた雑誌広告や新聞広告の業界にいる旧友たちや 、昔の版元の様子がずっと気になってました。僕自身は『三つ子の魂』なのか、『同じ釜の飯を食った仲』 なのか、ま、 要するにお節介なくらいに愛着があったのです。
 
石川さんとは、一年に一度は酒を酌み交わす付き合いがずっと続いていました。その度に、日本に軸足を戻すことになったら、再び、雑誌やスポーツ紙の広告をどーんと大風呂敷でやりたい、また石川さんと仕事がしたい、と思ってきました。

***************

僕自身は、まだもう少し『日本を外から揺さぶり刺激を与える』 べく、シンガポール・ジョホールバルを拠点に、ウミガメ創りの活動を続けていきます。

一方で、販促広告の仕事をしたい、雑誌や新聞の広告枠のお取り扱いにもう一度向き合いたい、という気持ちが抑えきれない自分がありました。

一昨年、シンガポールで求人広告代理店SMS247をはじめたときに感じた高揚感を、今度は日本でも形にしよう!、と思っています。 先ずはよろしくお願いいたします。

 
Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

『Across The View』 27〜29歳の、昔の日々の想い出。




ショーンK氏の経歴詐称で、CXの4月からの夜の帯番組『ユアタイム』のメインキャスターが、なんとモーリー・ロバートソン氏になることが報じられました。


なんと!モーリーさんですか。
それはなかなか痛快です。その番組観れないけど。でも最高ですね。


モーリーさんの美声は、僕の青年期の初めの日々・・なにかに憑りつかれたかのように働いて、いや動いていた頃のだいじな想い出のBGMなんです。





*************


僕は27歳(1994年)くらいから、自分のなかのギアが入れ替わってめっちゃ働くことにしたんです。

つまり日広を開業して3年目にしてようやく、広告の仕事を真面目に取り組むことになった、と。


29歳(1996年)までは、青山の小さな事務所に居たんですが、あの頃はほぼ会社に住んでいたようなものでした。

そんなんだったから渋谷のワンルームマンションはほぼ着替えに帰って4〜5時間倒れる(寝る)だけでした。夜中までオフィスに居るのは普通でした。



その頃、平日は毎日27:00(午前3時)まで放送されてたJ-WAVEの番組が、モーリーさんがほぼ毎日!パーソナリティを務めていた『Across The View』だったのです。

サブカルも、国際ネタも、精神世界も、前衛アートも、政治も、クラブシーンも、コミックも、時事問題も、映画も、、博識で、ぶっ飛んでいて、そしてクールな美声。いったいモーリーさんってどんな御仁なんだろな・・・とよく考えながら、うなりながら、放送に耳を傾けたものです。そのウィットに富んだトークになんど 天才だなー、と感心したことか。

聴きながら仕事をして、番組が終わり、テーマ曲『Across The View』が流れる頃に、宮益坂のマンションまで歩いて帰るのです。

そんな生活が2年以上続いたと思います。懐かしい。



***********

そのまま39歳くらいまで、(平日は)1日もスーツを着ない日はなく、朝8時から深夜まで狂人さながらに動いてましたな。
日曜の30%は結婚式だったと思います。36歳から、朝は自宅からNIKKOへのハイヤーの中で寝ぼけながら着替えてました。

ワークライフバランスとかって言葉がありますが、
その27歳あたりから、NIKKOを退くことにした39歳までは、バランスどころか日々まったく境目がなく、寝ている時間以外はすべて繋がっていたように思えるのです。振り返ると、そんな日々が懐かしく、楽しかった記憶ばかりですが、これから先の人生はあの頃と同じようには生きることは出来ない、とも感じます。




モーリーさんが、ここに来て全国区の脚光を浴びることはたいへん嬉しいです。
ぜひ大活躍・大旋風を巻き起こしてほしいものです。
 
Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年01月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
日々思うところ 数多あり
PROFILE
Instagram
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner