2018 新年の抱負。

あけましておめでとうございます。

旧年中もお付き合いいただき有難うございました。

本年は ずばり 

” スケールを上げます。”

16年営んだNIKKOを退き、シンガポールに移って10年目を迎えます。

「日本を揺さぶり刺激を与える」という目標のもと、東南アジアでの日本人の起こす会社の資本と経営に参画をしてきました。

2018年もその活動を続けるのですが、今年の念頭に置くのは「己のスケールを上げる」こと。

これまで参画してきた企業の活動も、これから取り組む新しい仕事も、これまでの9年の活動とは【次元とスケールを変える】ことを意識して取り組みたい、と思います。

*********

参画先のなかで、

商売の桁を1桁あげるつもりなのは ビットバンク、AGRIBUDDY、KAMARQ、YUYU Beauty あたり。

今年どうしても資金調達したいのは HAKOVO、SMS247、YOYO。

今年は商売の芽を出したい、花を咲かせたいのは VoiStock、Mercatores、DELLA、Sanctuary ですね。

堅調な事業の成長を期したいのは LENSMODE、S-PAL、Duckbill、IKI LINKS、そして…大阪の家業 でしょうか。

少数株主として ソーシャルワイヤー、AMPLE!、ゴマブックス、English Central の成長を祈念し微力尽くしますYO!

*********


もちろん今年も役員を拝命してるKLab、istyleの在星法人はしっかり務めます。本年もよろしくお願いいたします。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

2017年、10大トピックまとめ。

12月30日になりました。今年も残り36時間となりましたねぇ

恒例の10大トピックを今年もまとめておこうと思いますわ。 2016年のはこちら→ http://katou.jp/?eid=568 
 

1  ビットコイン、仮想通貨、ブロックチェーンそしてビットバンクも大フィーバー。

 

今年はまさにビットコインの年でした。もう、それに尽きるかもしれません。ある意味で、毎日がビットコインだったと振り返っています。年初10万円だったビットコインが、12月には240万円(BTC/JPY)ですよ。こんな現場は1999年のネットバブル以来でした。おそらく...もう二度と、斯様に自分の身に大噴火の粉がかかることはない、と思います。

その真っ只中に居たビットバンクは大規模な第三者割当増資を行い、セレスさまに大株主になっていただきました。

http://jp.techcrunch.com/2017/07/12/bitbank-and-ceres-make-a-capital-alliance-with-cryptocurrency/ いいタイミングで、いい先に引き受けていただいたと思います。来年2018年も仮想通貨界隈で、今年起こったこととは違う次元とスケールの違う様々なことが起こるに違いありません。ほんとうに楽しみです。

 

 

2 AGRIBUDDYが、遂に評価され始めました。

 

ぶっちゃけたいへんな難産(まる一年がかり...)だったAGRIBUDDYの第三者割当増資を2月に発表いたしました。 http://thebridge.jp/2017/02/agribuddy-730k-funding 

お引き受けいただいたiSGSインベストメントワークス様、KLab Venture Partners様には非常に感謝しております。

その後、3月に三井住友銀行/日本総研主催の未来2017にて最優秀賞そしてSMBC賞を受賞。

さらにその受賞によって出させてもらった新経済連盟のピッチコンテストNEST2017(4月)において、グランプリを受賞させていただきました。

するとどうでしょう!。Google日本法人の技術者向けの近未来ビジョンイベント” INEVITABLE ja night ”にて基調対談。 http://startuptimes.jp/2017/08/27/64198/ 更に、12月にインド、バンガロールで開催されたGlobal Leaders Summitでも講演させてもらってきました。 まさに藁しべ長者状態です。来年の飛躍が楽しみです。

 

 

3 KAMARQ、ますます成長しています。

 

2017年に入って米国を代表するアクセラレータプログラムHAXに招聘されたKAMARQは、大きな商機を様々提示されました。またリビングハウス様の全面的なサポートも得て、大阪でのポップアップストアもしっかり開業。徐々に製品を世に問う機会も増えてきました。

12月には、今年、全面的なブランドリニューアルに成功したLIFULL様への3.5億円の第三者割当増資を実施することが出来ました。 https://www.atpress.ne.jp/news/95128 同社は楽天と協業し、日本市場における民泊マーケットへの参戦を発表しています(楽天LIFULL STAY)が、その事業展開において、KAMARQがしっかりと関わっていくことが決まっています。


 

4 Duckbillは台湾法人がフル稼働。いよいよアジアを股に掛けた事業展開へ。

 

最大出資メンバーとして参画したアニメ『南鎌倉高校女子自転車部』、同じく製作委員会メンバーとして参加し、台湾では興行を手掛けた日台合作映画『ママは日本に嫁にいっちゃダメだというけれど』では多くの学びがありました。ようやく台湾法人がフル稼働してきた感です。

不肖加藤が製作総指揮として主導した『Fly Me To Minami 恋するミナミ』 ( http://flyme2minami.com 2013)は毎年12月に大阪シネヌーボォにてアンコール上映をさせてもらってきましたが、今年は封切から4年目にして、遂にロケ地ミナミにあるシネマート心斎橋にて初上映を遂げることが出来ました。 http://www.cinepre.biz/archives/23167 来年以降も再上映を続けたいです。そして、新作アニメ『ピアノの森』4月のNHK総合での放送開始に向けて制作快調です。お楽しみに。

 

 

5 YUYUはこっそり増資に成功。タイは好調。フィリピンやります。

 

昨年12月下旬にシンガポールに持ち株法人を登記した、YUYU Beauty https://www.facebook.com/yuyubeauty.myanmar/ は、このほど12月、半年かけて進めてきたシードラウンドの第三者割当増資の契約をクロージングすることができました。

4月から始めたタイでの展開も絶好調です。来る年はライブコマースの開始や、フィリピンでの事業開始など、増資で得た軍資金を有効活用しさらなる前進を期します。

 

 

6 船の積み荷のシェアリングエコノミー、HAKOVOの事業開始。エンジェルラウンドにどーんと資本参画しました。

 

僕への取材記事の制作に関わった奥方からの紹介で、2年半前に知り合った赤穂谷さん。DHL在職時から、HAKOVOの構想を何度も話し合ってきました。数多くの在星の日本人起業に当初から参画してきましたが、このように国営企業(PSA)とご一緒に開業に取り組んだのは初めての挑戦です。超ワクワクしています。 https://www.hakovo.com/press-release-four.html#press-release-four 

 

 

7 VOISTOCKの資本と経営に参画 1月にもサービスを開始します。

 

9月、「世界の声を集め、配る」VoiStockの資本と経営に参画しました。いよいよ!いよいよ! 2018年1月、サービス開始です。お楽しみに。 http://voistock.com

 

 

8 参画先の取締役を退任いたしました。(Langrich、クロスコープシンガポール&インド)
 

2011年のグループ再編に伴う新法人設立から参画し、→昨年秋からEnglish Central社の100%子会社となっていた Langrich Pte Ltdを6月末に、そして各地でのサービスオフィス事業のための法人設立から務めていた Crosscoop Singapore、Crosscoop Indiaを12月末に、役員退任いたしました。

http://president.jp/articles/-/10185?display=b 

今後もそれぞれの親会社である English Central、ソーシャルワイヤーの株主として、それぞれの事業会社の成長を見守っていきたい所存です。

 

 

9 ジョホールバルを退き、シンガポールへ再び引越し。IKI LINKSがんばります。

 

6月末... 1年9カ月暮らしたジョホールバルの家を退きました。そして8月からまたシンガポールに舞い戻ってきました。新居はチャンギ空港の裏にあるLENSMODEのHQ/物流拠点の程近くに借りました。

これまでジョホールバルに感じてきた大きな可能性はますます膨らんでいくばかりです。

昨年からコミットメントしてきた同地の不動産サービス会社IKI LINKS http://ikilinks.com の業績は堅調で、これまでの旧体制からお求めいただいたMolek地区のコンドミニアムの管理(賃貸募集管理・売買仲介)を土台に、フォレストシティやヌサジャヤ、更にクアラルンプールへ、その企業活動の領域を拡げていきます。 

 

 

10 GMO NIKKO25周年と、実弟の死・家業承継。

 

2017年は僕が日広を起して四半世紀経ち… 設立25年目の年でした。http://koukoku.jp

『日広』という社名は設立したときに、日本でいちばん小さな広告会社ではあったけど、気持ちだけは日本を代表する会社、昔からあるっぽい感じに見せようというセコイ考えからつけたものでした(笑。そんなキッカケの会社が、僕が手を放して9年、25年もあり続けたことにただ感謝です。祝宴に呼んでくれて、嬉しかった♪

 

 

 

4月29日、大阪で、家業を、両親を守ってくれていた、実弟が亡くなりました。ほんとうに突然の死でした。取りかえしのつかないこととなりました。二度と帰らない様々なものを喪いました。

僕はいま、もう一人の弟と力を合わせて、家業を継ぐことに挑んでいます。日々、弟が見守ってくれているような気がしてなりません。

 

***********

そうそう、発売中のForbes日本版2月号の巻頭に、YOYO深田洋輔と共に受けたインタビューがでました。YOYOは来年は大きく飛躍できそうです!。来る年も参画先各社と小生を宜しくお願いいたします。

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年02月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
日々思うところ 数多あり
PROFILE
Instagram
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner