KLab真田哲弥の『脱日本宣言』(2012年2月11日)


2012年2月11日から13日まで、KLabの真田哲弥さんがシンガポールに来ていました。

主な目的はシンガポールに設立した海外事業統括会社(中間持ち株会社)KLab Global Pte Ltdの登記と銀行口座開設でした。

この会社は、当初は昨年秋に資本参加したフィリピンのCYSCORPIONS INC社のKLabにとっての持ち株会社だったのですが、、その後、中長期の事業計画を進めていく中で、北米そして中国へと拡がる構想において、KLabグループの海外事業を統括するという位置付けで定義される法人となっていました。

さなさんが、ここシンガポールに、戦略拠点 KLab Global を設立する。
これは奇蹟か、必然か。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さなさんと西山さんが'87年6月1日に創った初めての会社、株式会社リョーマ。
加藤も、雑務担当としてご一緒させていただきました。
リンク先の写真は、2010年11月撮影)

会社設立時に各自で作った最初の百枚の名刺の裏には、こう印字しました。
 【リョーマは一日にして成らず】

四半世紀を経て、、まさにそんな想いを胸に、加藤はこの新会社KLab GlobalのDirectorに2月29日就任しました。
不肖加藤は21年ぶりに師匠真田哲弥の元にて、はたらくことに相成りました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さなさんが、シンガポールに宿泊したその日。

彼が己のfacebookに記した『脱日本宣言』
を、ここに再掲するとともに、
加藤の、KLabグループをとてつもない会社にすべく、、、微力ながら全力を尽くし活動する決意にかえさせて頂きます。

みなさま、何卒よろしくお願いいたします。




February 12 at 12:29am near Singapore City

Tetsuya Sanada
脱日本宣言

会社を設立するために、シンガポールにやってきた。
今後の構想の中で「世界本社」と位置づけている「KLab Global」という会社だ。
日本国内のビジネスを統括する東京と日本以外のビジネスを統括するシンガポールと2本社制という構想だ。
近いうちにサンフランシスコにも拠点を開設する。SFで企画してフィリピンで開発・運用、そして本社機能がシンガポールという体制だ。拡大を続ける世界のスマートフォンとソーシャルの市場でNO1ソーシャル・ゲーム・プロバイダーを目指す。

一方で、日本が大好きな私にとって、脱日本は感慨深いものがある。
子供の頃は、政治家志望で「真田幸村の末裔として21世紀の大阪冬の陣で東京政府を倒す」とか意味不明なことを考えていた。
大学生の時に作った株式会社リョーマの会社案内の扉に書いた言葉は「21世紀の坂本龍馬を目指します。」だった。

ビジネスで勝つ為には、まず勝てる体制と仕組みを作るのが鉄則。その上で尚かつ努力も運も必用。KLabは日本国内で勝てる体制を作ることに成功した。しかし、この体勢のままでは世界では勝てない。
どうすれば勝てるのか私自身も確信はない。しかし、国境という枠を取り払って試行錯誤してみない限り、世界市場に於ける勝利の方程式は確立できないと思う。

世界で勝てるなら、KLabが海外の企業になったり、自分も日本の非居住者になっても構わないと思っている。
しかし、必ず成功させて、その時は黒船になって日本を揺さぶりたい。

と偉そうなことを言えるように、英語の勉強をしよっと!

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2018年11月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner