映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメだと言うけれど。』が日本と台湾で劇場公開です。

 

参画先Duckbill Entertainmentが、2013〜14年に全国劇場公開した『Fly Me to Minami 恋するミナミ』に続いて、劇場用実写映画を製作いたしました。

 

ママは日本へ嫁に行っちゃダメだと言うけれど。http://mama-dame.com/ は、日本人の彼氏を持つ、とある台湾人の女の子が作ったFacebookページを舞台に紡がれてきたリアルストーリーがモデルとなった映画。

そのタイムラインには35万人からLike!が寄せられ今も続いており、なお更新中です。

(Facebookページのタイトルは台湾語で『雖然媽媽說我不可以嫁去日本。https://www.facebook.com/luffyimcoming/  )

 

そう、またしても日本人男子と異国の女子との国境を越えた恋愛映画。

でも今回はシンガポールではなく、台湾との合作映画なのです。

 

Duckbillは、本作の製作委員会(アジアピクチャーズエンタテインメント、ダックビル・エンタテイメント、朝日新聞社、Cine-C、サイバーマートジャパン、TBSサービス)において最大の出資比率企業です。また弊社はだいじな役目として、100%子会社であるDuckbill台湾を通じ台湾国内での興行を担っています。

 

台湾では(日本を上回る25館!にて)6月16日に封切られます。大いに盛り上げたいと思っていますYO♪ 

 

 

「雖然媽媽說我不可以嫁去日本。」 封切時の上映館は以下の通りです。

台北>

1 信義威秀

2 喜滿客絕色影城

3 豪華in89

4 京站威秀

5 喜滿客京華影城

6 南港喜樂時代

7 誠品電影院

8 龍祥百老匯

9 長春國賓

10 天母華威

新北市>

11 板橋大遠百威秀

12 林口Mitsui Outlet Park 威秀

桃園中壢>

13 星橋SBC

新竹>

14 新竹大遠百威秀

苗栗> 

15 頭份尚順威秀

宜蘭>

16 宜蘭新月豪華

台中>

17 台中新光

18 台中華威

台南>

19 台南大遠百威秀

20 台南新光

高雄>

21 高雄大遠百威秀

22 高雄喜滿客夢時代影城

23 高雄MLD

24 高雄駁二in89

金門>

25 金門金獅

 

******

その、あらすじは →

 

日本のカルチャーやファッションに夢中で、大学では日本語を学んでいる台湾人女性リンちゃん(ジエン・マンシュー)。

東日本大震災の様子を見て彼女がFacebookに寄せたメッセージをみて、モギさん(中野裕太)という会ったことのない日本人男性から、友達申請のメッセージが届きます。

Facebookを通してやりとりをするようになったリンちゃんとモギさんは、徐々に心の距離を近づけていきます。

と、ある日、モギさんから台湾を訪れるかもしれないとの連絡が。

交流を機にお互いに対する揺るぎない思いをかみ締める二人に、リンの母親が恋の行く手を阻むことになるのですが…  

 

******

 

 

心あたたまるストーリー、日本の名勝や、どこか懐かしい台湾の情景はきっと皆さんに旅や恋への背中を押してくれることと思います。

カントクの谷内田彰久さんと主演の中野裕太さんが、本作についてヒカリグラフさんで対談しているのでこちらもご一読ください。

http://hikarigraph.com/culture/culture_20170523/ 

 

日本では5月27日が封切日。新宿シネマカリテ、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場、シネリーブル梅田ほか全国順次ロードショーです。

本編の冒頭18分をYouTubeで公開していますので、是非!それ観てから…大切な方をお誘いの上、劇場にお越しくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=fPumjFZ_VIA‬

 

つか、いまシンガポール航空のアジア路線で機内上映やってるっていうやないかーい。

さっきまで知らんかったわ。まだ日本でも台湾でも封切られていないのにびっくりしました。

6月2日に乗るから、記念に観ようっと。

 

あ!エンドロールまで観ていただけると、最初に Duckbillのシャチョー 奥本真一郎 がエグゼクティブ・プロデューサーとして、また後ろのほうでは 加藤順彦 が制作協力としてクレジットされてますので、見つけてやってください。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)

NEST2017STARTUP CHALLENGE優勝!。AGRIBUDDYは次の段階へ。

 

先日、若手のスタートアップとのMTGのなかで、加藤の役割と期限みたいな話しになりました。そこで、ここ3年くらいで思うようになった考えを伝えました。

 

「僕の役割はスクラッチからシリーズAまでの人集めと資金集めがいちばんの得意技かな、いまは。

それに僕のことを日本のマーケットでの上場直前の目論見書で紹介するのは普通に面倒だよね。兼任が多すぎて…僕だけで2ページくらいに成りかねないでしょ。」

 

実際、ソーシャルワイヤーは2015年12月にマザーズ市場に上場しましたが、僕は同社取締役を7か月前の定時株主総会で退任しています。 (在任:2010年7月〜2015年5月)

 

 

**********

 

2013年の晩秋、カンボジアで北浦健伍さんのビジネスアイデアを聴いて思ったことは、これは出来る人がやれば出来るはずだ、ということでした。

僕は原永淳さんをシェムリアップまで連れてきて、AGRIBUDDYの原型となるアイデアを形にしていく端緒を進めました。

で、1年後の2014年11月17日、東京大学公共政策大学院にてそのローンチを発表しました。 ↓そのあたりはここにまとめています。 

* 途上国農業データ管理サービス「AGRIBUDDY」、順調です。

http://katou.jp/?eid=489

 

 

2016年は春先から、北浦さんと共にAGRIBUDDYのシリーズA調達に奔走しました。

ぶっちゃけ20社内外のベンチャーキャピタルさんを廻り、折衝をしてきました。

アグリテックは間違いなく、次のトレンドではあるのです。しかしAGRIBUDDYはまったく日本の農業と1ミリも関係がありません。今後もほとんどない。しかも本社は香港、主たる事業所はカンボジア、です。

 

調達は困難を窮めました。

だからこそ、今年2月のその発表の達成感は非常に大きかったですし、結果的に引き受けていただいたiSGSインベストメントワークスさま、KLab Venture Partnersさまには大きくお世話になりました。必ずや期待に応えなくてはならないと思っています。

* AGRIBUDDY が総額73万USドルの第三者割当増資を実施しました。

http://katou.jp/?eid=575

 

 

と、同時に、ここは代表北浦健伍と全く同感なのですが、 《日本を事業の主戦場としていないAGRIBUDDYが次のステップに進むためには、日本国外でのイベントへの参加や外国人投資家へのプレゼンが必須であり、そのためには「英語で日本人以外の聴衆の心を掴むことが出来るプレゼンテーション」が出来なければダメ》 ということでした。つまり次のラウンドBでは、どうしてもインドやシンガポール、シリコンバレーでのアピールが要るということなのです。

 

昨年6月の日経フィンテック主催スタートアップピッチ、2月の日本総研SMBC主催『未来2017』のスタートアップピッチと2度続けて優勝した同社は、4月6日の新経済連盟サミットが主催するピッチ『NEST2017』STARTUP CHALLENGEに出場することになっていました。

 

2015年の同イベントでは、加藤の別の参画先YOYO Holdingsが優勝していますが、今回は他の様々なスタートアップのピッチイベントの主催者から推薦を受けた、まるでチャンピオンズリーグのようなイベントとなっており審査員の半分以上が外国人ということ。北浦さんは次のステップに進むために、プレゼンターをインド人メンバーRajeshで挑戦しようと決めたのでした。

 

 

 

で見事に!同じアグリテック領域の「ポケットマルシェ」さんと共にAGRIBUDDYが優勝することができました。

発表の瞬間(動画) https://twitter.com/RakutenToday/status/849840836531453953 

(『NEST2017』優勝のくだりは、こちらの北浦本人のブログに詳しいです→ http://ken5.jp/kengo/archives/2515 )

 

 

たいへん嬉しく感じる、と共に、僕自身は明確に次の段階に駒を進めることが出来た手応えをいま持っています。

めちゃめちゃたいへんだったけど、ここまでは前に進むことが出来たのです。

 

そして、もはやAGRIBUDDYのこれからのメンバーは日本人である必要がほとんどないし、これからの資金調達は日本のVCさんのみに絞ってお願いしていく段階でなくなったと思っています。

 

すなわち僕の得意技の領域が絶えた、ってことです。

と…いうことで不肖加藤、同じく立ち上げ屋を自認する原永淳さんと、この3月で揃ってDirectorを退任いたしました。

 

僕らに代わってDirectorには、全幅で頼り切っているインドの怪人:繁田奈歩女史と、僕のSYN/ダイヤルキューネットワークの頃からの大親友である倉橋こいちゃんにご就任いただきました。たいへん心強く感じています。

 

もちろん僕はこれからもマイノリティ株主として、創業者の一人として、AGRIBUDDY https://www.agribuddy.com/ の今後の成長にふかくふかーく関わっていきますYO。

これからもより一層の応援のほどよろしくお願いいたします。 

 

Posted by 加藤順彦ポール | comments(0) trackbacks(0)
<< 2017年10月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
日々思うところ 数多あり
PROFILE
Instagram
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner