<< 海外に5000万円を超える財産がある場合、税務署への申告を義務づける制度について | home | ステックワイアード、移転しました。 >>

真田さんの【アメリカ SF、LA出張総括】

 

真田さんが6月中旬、サンフランシスコとLAに出張していました。

Facebookに出張総括その1 がUPされていたので、
ここに、その全文をそのまま転載いたします。

【SF、LA出張総括 1】

WWDC( https://developer.apple.com/wwdc/  )開催中のSF、E3( http://www.e3expo.com/ ) 開催中のLAに行ってきた。

カミングアウトすると、どちらも会場内に足を踏み入れる時間が無かった。

別に、誰かさん(誰?)みたいにゴルフに行っていた訳でもないし、この街にはススキノも中洲もない(笑)
カンファレンスの内容は、メディアで詳しく報道される。俺もUSに居ながら日本のメディアの記事でしっかりキャッチアップ出来ている(笑)。
そう、日本に居ても十分情報収集できるのだ。

WWDCやE3には世界中から業界の重要人物が集まる。
PCの時代は主要な会社も人物もUS西海岸に集中していた。
それがスマフォの時代になって世界に散らばった。
だからカンファレンスが重要になった。
その時に、まとめて会えるから。

出張の1週間でスマートフォンのゲーム、アプリの主要なプレイヤーと会いまくった。
ディナーやらランチに行ってディスカッションした。
おかげで、誰が戦略家で、誰が一発屋なのか、誰と組むべきで、誰は表面的な付き合いで良いのか、良くわかった。
全体に自社の位置づけや強み弱みを把握することは戦略立案いおいてとても重要。
自分の中で漠然としていたことが明確になったし、不安があった一部の戦略にも確信がもてた。

10年まえぐらい、日本のNILSやIVSといったカンファレンスに参加したときは、とても刺激的だった。
IVSは今も素晴らしいカンファレンスだが、あそこに集まる日本の社長さん達とばっかり群れていると、日本国内の成功に満足してしまう。
もはや、刺激として物足りない。

今回の出張の一番の収穫は、「世界は広いし、自分は小さい。しかし、勝機は十分ある。」ということを再認識する刺激を受けたこと。

Posted by 加藤順彦ポール | comments(3) trackbacks(0)
comments
突然の書き込み申し訳ありません。
第2期あらしのよるにの情報を求めてここにたどり着きました。
以前より投資募集であったり2013年秋〜等色々な情報が出ておりましたが実際の所どんな具合なのでしょうか??

当方映画館にも2度足を運びDVDも全て予約購入させていただくくらいあらよるの大ファンです。

是非あのクオリティでの続編を当時から熱望しているのですが
現在どうなのでしょうか??
ガボ | 2013/06/27 23:19
ガポさん、お問い合わせありがとうございます。「あらしのよるに」の第2期の制作の進捗が遅くなっており、まことに申し訳ありません。

Duckbill Entertainment含め関係者一丸となって制作再開に向けて鋭意取り組んでおります。今しばらくお待ちくださいませ。何卒よろしくお願いします。
加藤順彦 | 2013/07/02 11:48
早々のご回答有難うございました。

2期が製作再開される事を願いつつ楽しみに待っています。

グッズが今後も販売されるようでしたら必ず購入させていただきます。

また動きがございましたら時折教えていただけると幸いです。

ガボ | 2013/07/02 23:01









trackbacks
URL:http://www.katou.jp/trackback/396
<< 2018年11月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner