<< 世界一周34日目(6月13日)|ストライキで表出らまへんダッカな! | home | 世界一周37日目(6月16日)|ダッカは臭いのが気になる、光の見え難い都市。 >>

世界一周36日目(6月15日)|バングラではお酒が禁止!…が朝鮮レストランではオケー



このブログは、世界一周の道中でiPhoneの中に書き溜めていたメモを再構成しながら書いているのですけど、いまここは羽田空港のANAラウンジの中です。いつもの通り、ビール呑みながら書いてます。これから49日ぶりにシンガポールに帰ります。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それにしても、バングラデシュにはダッカには、ビールがワインが… お酒がありません…。どこにもない。
やっぱ同じイスラム教とはいえども、いろいろローカルルールは個別に異なるだんなぁ。かたやトルコは国民みんな呑みまくり酔っ払いだらけだったもんね。

ほんとに一流レストランでものめないのです。どうやら、なんと法律で禁止されている!そうです。えええええええ。

どこにもビールがない。手当たり次第それらしきお店に飛び込んでもない。どこか遠くに外国人専用のビール屋があるらしいけど…。そもそもハルタル(反政府の政治暴動)中だから、ホテルの外に出るのも一苦労なのです。

そしてハルタルのお陰で、12日の夕方からずっとホテルRoyal Park Residence Dhakaから出てませんでした。原稿書いて、写真整理して、ネットみてtweetして、寝て、原稿書いて… ああビールのみたい。


で思い切って6月13日の朝食の際、仲良くなったウエイターさんに「なんとかビールを買ってきてくれないか」と交渉してみました。すると、、、「なんとかしてみます」と、頼もしい返答が。おお有り難い。

部屋に戻って待つこと4時間…。遂に部屋の呼び鈴が!

扉を開けると案の定、先程のウエイターさんがなんか汚い布製のズタ袋を中身をチラチラ見せつつ、ビールを買ってきたよ!と言ってます。たしかに覗くと見た事もないけど350mlの缶ビール(BARON'Sってかいてある)らしきものが。

「おお、有難う。でいくら?」と訊いてみると、なんと缶ビールが3本で1000タカ(1000円) だと言ってる。
えー1000タカ。それはタカい!

それでも袋の中身を受けとると、、、おお缶が汚い。

なんかいつ作られたのかわからないし、超ぬるい。。。ということで早速洗って冷蔵庫にしまう始末。

※ちなみに缶ビール3本1000タカが、どれくらいか高いのか。
例えば、現在のバングラデッシュの職工の最低賃金が月3000タカなんです。一ヶ月フルタイムで働いて3000タカですよ。

ちなみに、日本では懐かしのヴァージンコーラは25タカでした。



しばらくして冷えた頃に開けて飲むと、、、出来損ないの黒ビールのような味だった。
 ・・・不味い。




6月13日の夜、僕らはどうしてもビールとワインが飲みたかったので、翌日の夜が北朝鮮焼肉とわかっているのにも関わらず、韓国焼肉アリランに行ってしまいました。



どうも朝鮮料理のレストランだけはどういうわけか、アルコールが出せるようなのです。 やっぱ美味いなぁ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


翌14日夜、私たちは二日続けてww 焼肉に向かいました。

今度は北朝鮮政府経営の焼肉店ピョンヤン(Pyongyang Restaurant)に到着です。



今宵もお酒が呑めることもうれしいのですけど、どうやら、あの首領様のためのエンタテインメント軍団【喜び組】が店員として配置されているということなので好奇心たっぷり…。

おお、内装が思いっきりそれっぽい

エントランスはこんな感じなのですが、、、
おや?!あの掛け時計はCITIZENでは?!と思って拡大したらCITISUNでした!



遂に嫌がるウェイトレスさんにお願いしまくって、写真御一緒に撮影に成功しました。

ワインは有るのか尋ねる鯉ちゃん。一本だけオーストラリア産のメルローがありました。

店員さんはどうやら5人いるようです。カラオケのある個室を取ったのですけど…歌ってくれないのかなぁ。

お肉はまぁまぁです。ぶっちゃけ…昨夜の韓国焼肉アリランのほうがかなり旨い。

そして、機をみてズバッと歌ってもらえないか、と依願したところ、遂に喜び組直系の「我が首領を讃える唄」?を聴けることになりました。おお! 素晴らしくうまいぞ。さすが喜び組。

悪乗りした不肖加藤は、そのままお願いしまくり、、この喜び組の歌姫とデュエットで「昴」(オール日本語歌詞)を唄いあげたのでありました。




・・・・喜び組の皆さんはどうやらダッカのお店近くで集団生活をしてる感じです。
カラオケ唄ってくれた方も(二年いるそうですが)全くベンガル語(バングラデシュの標準語)はわかりませんでした。あと一年で北朝鮮に帰る予定だそうです。お勤め頑張ってくださいませ。入間野さんアテンド有難うございました。

この実況tweetには、かなりの反響が寄せられたのですけど、北鮮の国交のある国では展開してるようですね。上海、ホーチミン、プノンペンなどにもあるらしいです。

さて、
ようやくバングラデシュを脱出できるダッカ空港のラウンジ
しかし…アルコールは有料だった!!えーラウンジなのにやっぱそうですか。
しかもビール600タカ、グラスワイン1000タカって高すぎ。とほほ。
 
Posted by 加藤順彦ポール | comments(1) trackbacks(0)
comments
実はダッカでもチッタゴンでもお酒飲めるところあります。
中級、高級ホテルでは無くローカルバーであります。
オーストラリアから輸入したビールとインドウイスキーだけしかありませんが。物凄い額の賄賂を払わないと開業できないそうです。
クル | 2011/06/29 08:27









trackbacks
URL:http://katou.jp/trackback/291
<< 2018年08月 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
Now Recomend!
ARCHIVES
SYSTEMS

 RSSリーダーで購読する

I heart FeedBurner